ワードプレスオリジナルプラグイン
Auto Blog マニュアル

ワードプレスプラグイン Auto Blog
ワードプレスプラグイン Auto Blog

概要

このプラグイン「AutoBlog」は自動的に記事からキーワードを抽出後、ネットから関連する要約された情報を取得したものをWordPressに自動投稿します。また、アクセスされる度に自動的に関連した情報ページを蟻の巣のように構築していきます。画像のサムネイルも自動で取得します。

使い方

使い方は無双モードと集中モードの二種類があります。
モードの選択は [ 設定 ] → [ 環境設定 ] にある「生産モード」で選択可能です。

無双モードはそのページの頻出単語を抽出、その単語を元にgoo検索を使って関連ページを取得します。取得した関連ページを解析後、日本語として自然な文章の要約を抽出し、自動的にワードプレスに投稿します。キーワード一件に付き1ページ作成します。
無双モードではイメージサムネイルをgoo画像検索から取得もできます。
無双モードではアクセスされる度にどんどん関連ページを自動生成していきます。

集中モードは無双モードとは違い、自分でキーワードを指定できます。キーワードを元にgoo検索を使って関連ページを取得します。取得した関連ページを解析後、日本語として自然な文章の要約を抽出し、全てのキーワードを1ページにまとめてくれます。

無双モードの使い方

設定で無双モードを有効にしたら [ 投稿設定 ] で記事ステータスと投稿者と投稿カテゴリを設定します。
次に無双モードを有効にする投稿条件を [ 無双モード ] 設定で「無双する対象記事の投稿者ID」と「無双する対象記事カテゴリ」を指定します。

あとは適当な記事にアクセスすると、その記事を元に自動生成が行われます。
自動生成はリアルタイムに行うとサーバーに負担が掛かるためcronスケジュールを使って遅延させています。

そのため一回目は記事の解析と準備、二回目は記事取得と段階的に実行されます。
二回アクセスすることで無双モードは完了します。

遅延させる時間は [ 投稿設定 ] の「遅延投稿の秒数」で指定できます。
ただし、cronスケジュールが増えすぎるとワードプレスに負荷が掛かるため [ 環境設定 ] の「最大cronスケジュール数」で登録できるスケジュール数を制限しています。

そのページから自動生成される回数は記事がダブル可能性があるため基本的に一回です。
ただし [ 無双モード設定 ] の「再検索時間(秒数で指定)」で指定した時間が経過すると再検索が実行されます。

さらに [ 無双モード設定 ] で「検索キーワードにランダムに追加するキーワード」を指定すると抽出した記事のキーワードに追加されます。記事の取得に不規則性を持たせたい場合は指定して下さい。

例えば「悩み || 解決 || 方法」と入力するとgoo検索でOR検索が行われます。
「悩み」または「解決」または「方法」を含むウェブページが検索対象となります。
もし記事から抽出されたキーワードが「ダイエット」であれば以下のような意味となります。

「ダイエット 悩み」または「ダイエット 解決」または「ダイエット 方法」を含むウェブページを検索する。

OR検索ではなくAND検索をしたい場合は「||」ではなく「半角スペース」で区切ります。
ただし、検索結果は少なくなるため検索結果が得られない場合は自動生成も行われません。

また無双モードではイメージサムネイルをイメージgooから取得できます。
[ 設定 ] → [ イメージサムネイル設定 ] の「画像サムネイルを取得するか」を有効にするとイメージサムネイルを取得して表示します。
またシングル投稿のテーマテンプレートに以下のマークアップがあるとイメージサムネイルに自動的に置き換わります。

<div id="auto-blog-img"></div>

集中モードの使い方

設定で集中モードを有効にしたら、 [ 投稿設定 ] で記事ステータスと投稿者と投稿カテゴリを設定します。
次にワードプレスで [ 固定ページ ] から [ 新規作成 ] をクリックして固定ページを作成します。
この固定ページは検索したい設定を保存しておくエディタとして使います。

保存する際、タイトルは適当で構いませんが投稿ステータスは「非公開」にしておくことを推奨します。
内容は書かず、固定ページを一旦保存し固定ページのIDをメモします。
固定ページのIDの調べ方はパーマリンクに記事IDを使っていない場合はすぐに分からないので、 [ 固定ページ一覧 ] から「編集」リンクにマウスをあてると分かります。

リンクは「?post=123456」の箇所をみると数字が並んでいるのが分かるかと思います。
これが固定ページのIDです。これをメモしてAutoBlogの [ 設定 ] → [ 集中モード ] の「パラメータ保存用固定ページID」に入力して保存します。これで実行された結果が指定された固定ページに保存されるようになります。

次に固定ページに巡回させたい設定を記述します。
記述方法には簡単な決まりがあります。

基本的にパラメータ(設定内容)はカンマ区切りの改行区切りで指定します。
パラメータは5つあります。

左から

検索キーワード,投稿タイトル,投稿ID,フラグ,最終巡回時間

となっています。

例えば以下のようにパラメータを指定します。最低限「検索キーワード」だけ指定すればOKです。
もし2番目の「投稿タイトル」を省略した場合は自動でタイトルがつけられます。

WordPress 優良 プラグイン,ワードプレスのおすすめ優良プラグイン
WordPress 無料 テンプレート,ワードプレスの無料テンプレート
WordPress カスタマイズ,ワードプレスをカスタマイズする

一旦保存してブログにアクセスすると集中モードが起動します。
無双モード同様にサーバーに負荷がかかるおそれがあるためcronスケジュールで遅延して実行されます。
そのため結果が出るまでタイムラグがあります。

無事に集中モードが実行されると固定ページの内容は以下のようになります。
例として3つのパターンを紹介します。

(1) WordPress 優良 プラグイン,ワードプレスのおすすめ優良プラグイン,544752,1,1407922268
(2) WordPress 無料 テンプレート,ワードプレスの無料テンプレート,,-1,1407929601
(3) WordPress カスタマイズ,ワードプレスをカスタマイズする,,,

(1)は正常に処理が完了した状態です。4番目のフラグパラメータに「1」が付けば正常です。
(2)は異常終了した場合です。3番目の投稿IDパラメータが取得できずフラグパラメータに「-1」が付くと異常終了しています。原因としてはたまたま失敗したか、ワードプレスに負荷が掛かりすぎて投稿が失敗している可能性があります。ワードプレスを軽量化するなどの対策が必要です。
(3)はまだ処理が行われていない状態です。
集中モードには「再巡回間隔(秒数)」機能があり、5番目の最終巡回時間パラメータから「再巡回間隔(秒数)」で指定した時間が経過すると再巡回をします。定期的にコンテンツが新しくなります。

もし再巡回させたくない場合は固定ページから該当の行を削除します。

集中モードと無双モードの大きな違いは無双モードが1キーワード・1サイト・1ページで自動生成するのに対し、集中モードでは1キーワード・全サイト・1ページで自動生成します。
つまり、検索結果で得られた全サイトの要約された文章を1ページにまとめることができます。
また無双モードが自動なのに対して、集中モードでは固定ページに設定を保存しなければならず半自動という違いがあります。

apply_filters関数でフォーマット自体を変える方法

apply_filters関数を使うとフォーマットを細かく変更できます。apply_filters関数はテーマフォルダ内にある「functions.php」ファイルに記述します。

このプラグインのapply_filters関数は3つあります。apply_filters関数の使い方は公式ページを参考にして下さい。

//集中モードフィルターを設置 @タイトル,本文,フォーマット1,キャプション
$all_post_body = apply_filters( 'abg_filter_all_post_body' , $all_post_body , $auto_title , $post_body );
//無双モード用フィルターを設置 @タイトル,本文
$post_body = apply_filters( 'abg_filter_post_body' , $post_body2 , $post_body );
//画像モードフィルターを設置 @フォーマット1,画像URL,フォーマット2,キャプション
$images = apply_filters( 'abg_filter_image_content' , $images , $format1 , $image_url , $format2 , $notice );