ワードプレス オリジナルプラグイン
Auto Twitter Follow
属性分けされたユーザーを自動的にフォロー・自動フォロー返し・片思いチェック マルチアカウント対応!

投稿が見つかりませんでした投稿ID: スラッグ: atf-visual01

Auto Twitter Follow
Auto Twitter Follow ※画像はイメージです

レッスン1
開発背景

オリジナルワードプレスプラグイン「Auto Twitter Follow(オート ツイッター フォロー)」の使い方を説明していきます。 最初にAuto Twitter Followを作ることになった背景をお話します。 検索エンジンに頼らずに集客する方法を探していて、そのひとつにツイッターという選択肢がありました。 ツイッターで集客というと定番なのがフォロワー数の多さです。 フォロワー数が多ければそれだけ一回のつぶやきを見てくれる母数が多くなるので、その影響力も比例して大きくなります。よくツイッターは拡散力だと言われますが、拡散するためには自分のつぶやきを見てくれる視聴者が必要となります。 two 個人で情報を発信できて、しかも無料で、多くの人に情報を伝えられるメディアはそう多くはありません。 140文字という制限はありますが、拡散できる人数に制限はないのです。 これはテレビやラジオといった広告媒体と比較すればダントツに費用対効果が高いと言えます。 同じことをやろうとすれば相当お金が掛かってしまいますよね。 とはいえ、普通にツイッターをやっていてもフォロワーは中々増えてはくれません。 有名人でもない限りフォロワー数が数十万人になるということはほぼありません。 地道にやってもいいのですが中々増えないものです。 増えないのでやめてしまったという人も多いことでしょう。 そこで「Auto Twitter Follow」の登場です。 Auto Twitter Followはワードプレスと連携して自動的にフォロワー数を増やしてくれます。
ポイント
  • 検索エンジンに頼らずに集客する方法のひとつとしてツイッターという選択肢がある
  • Twitterは無料で情報を発信できテレビやラジオといった広告媒体と比較すればダントツに費用対効果が高い
  • Twitterの問題点としてつぶやきを見てくれるフォロワーの獲得が普通では難しい
  • Auto Twitter Followを使えば自動的にフォロワーを増やしてくれる
  • Auto Twitter Followはマルチアカウントに対応している

レッスン2ただ増やすだけでは意味がない! 属性分けされたフォロワーが必要!?

前回、ツイッターは無料で多くの人に情報を伝えられるメディアではあるがフォロワーを増やすのは難しい、という話をしました。 ではフォロワーをどうやって増やすかなのですが、手動であれ自動であれ様々な方法があります。 方法は色々あれど問題なのはフォロワーの属性です。 people フォロワーの属性というのは、簡単に言えば男性なのか女性なのかという性別や、住んでいる地域、つぶやいている内容といった分類のことです。これを「フォロワー属性」と呼びます。 ツイッターの問題点として、闇雲にユーザーをフォローをしていくと面倒なことが起きることがあります。 例えば、Aという情報とBという情報があったとします。フォロワーがAとBの情報に興味があればいいのですが、Aは好きでBは嫌いという場合もあります。そういった場合、Bの情報が不快なフォロワーは離れて行く可能性があります。 大抵のボットプログラムは闇雲にフォローしてきます。属性とか関係なく単純なキーワードにマッチすれば闇雲にフォローしてきます。これだと後々説明するTwitterのフォロワー2000人問題がクリアできなくなります。 ではどうすればいいかというと、AまたはBの情報に興味があるフォロワーをできるだけ多く集めることです。 そうすれば確率的にフォロワーの減少を防ぐことができるうえに、見込み客リストとしての有用性も高まります。 ユーザー属性というのは調べるのが面倒です。そこでAuto Twitter Followを使い属性を指定することで、属性にマッチしたユーザーのみをフォローすることができるようになります。  

使える属性フィルターはなんと18種類!

  1.ボットリストで指定したユーザーを除外する 2.ユーザーデバイスリストで指定したユーザーだけをフォローする 3.ツイート内容に除外キーワードが含まれていたら除外する 4.ツイート日時を指定する 5.ユーザープロフィールにプロフィールマッチワードが含まれていたらフォローする 6.最大ツイート数 7.最小ツイート数 8.最大フォロー数 9.最小フォロー数 10.最大フォロワー数 11.最小フォロワー数 12.最大リツイート数 13.最小リツイート数 14.最大お気に入り数 15.最小お気に入り数 16.ユーザーの住んでいる地域を指定する 17.ユーザーの使用言語を指定する 18.アカウント作成日時を指定する  
ポイント
  • Twitterでフォロワーを増やす際に問題になるのが属性分けされたユーザーである
  • ツールを使わずユーザーの属性を調べることは難しい
  • 属性分けされたユーザーを獲得することがTwitter成功のカギとなる
ワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグイン

【Yahoo! Imgae】


レッスン3
フォロワーを増やした後の稼ぎ方とは?

前回、属性分けされたフォロワーでなければ意味がない、という話をしました。 今回はフォロワーを増やした後の稼ぎ方についてです。 ポピュラーな方法を紹介すると、フォロワーが増えたらアフィリエイトリンクを流します。 ポイントは流すアフィリエイトリンクの種類です。おすすめはAmazon アソシエイトです。 なぜかというと再訪問期間という時間差が利用できるからです。 アマゾン Amazon アソシエイトは以前は品揃えが書籍と音楽に偏重しており、料率も1%と最低でしたが、最近はほぼすべての分野の商品を取り揃え、分野によっては料率が最大10%獲得できます。 つまり、それぞれ様々な興味を持ったユーザーが誰であれ、おそらくは欲しいと思う商品があるだろう、ということが想像できます。ネットショップでこれだけ多岐に渡る分野をカバーして、ユーザーエクリペリエンスとインターフェースが充実しているというのは、そうありません。 さらにその場でユーザーが購入しなくても時間差のチャンスがあります。アフィリエイトリンクを踏んでから24時間以内に成約すれば紹介料が入るという仕組みです。 これは再訪問期間というもので、その時購入しなかったとしても、リンクさえクリックしていればそれが記憶されるのです。 この時間差を最大限利用します。 似たようなサービスに楽天アフィリエイトと楽天アフィリエイトモバイルがあります。 こちらは紹介手数料が1%と低いのですが、再訪問期間が楽天アフィリエイトが30日間であり、楽天アフィリエイトモバイルが7日間と非常に長いのが特徴です。 どちらがいいのか迷うところですが、楽天アフィリエイトの場合、確かに再訪問期間がアマゾンよりも長いのは魅力ですが、紹介手数料が1%と低い上に、さらに紹介手数料を支払うかどうかの判断は各ショップオーナーに委ねられているため、ピンハネがよく発生します。 そういった意味で、Amazon アソシエイトの方が機械的で正確です。好みにもよりますがAmazon アソシエイトの方が信用できます。
ポイント
  • フォロワーを増やした後はAmazon アソシエイトがおすすめ

レッスン4ワードプレスと連携させる理由とは?

前回は、フォロワーを増やした後の稼ぎ方としてAmazon アソシエイトを使うという話をしました。 今回はAuto Twitter Followが単独のPHPプログラムではなく、ワードプレスのプラグインである最大の理由について説明します。Windowsプログラムではない理由も分かります。 フォローについてはAuto Twitter Followで自動的にやってくれるわけですが、Amazon アソシエイトのアフィリエイトリンクについてはどうでょうか? 属性分けされたフォロワーにその属性と関係のあるAmazonの商品を紹介した方がいいですよね。その方が興味を持ってくれる確率が高いと言えます。 shopping Auto Twitter Followには自動ツイート機能とAmazonと連携する機能はありません。 なぜかというと、ワードプレスのプラグインで既に存在しているし、しかも無料だからです。 さらに、色々な種類が出ているので選び放題です。 わざわざ作る必要もないので機能として取り込んでいないわけです。もちろん価格にも反映していないのでリーズナブルです。 ワードプレスのAmazonアソシエイトプラグイン関連をインストールしている人はたくさんいると思いますが、考え方としてはAmazonアソシエイトプラグインで自動的に商品を投稿し、その投稿を自動ツイートプラグインでツイッターに自動的に投稿すれば広告周りは構築できてしまいます。 ワードプレスを一枚噛ませることで、Amazonアソシエイトと連携させることができるのです。 つまり、属性分けされたフォロワーに属性分けされたAmazonの商品を紹介することができるのです。 これをWindowsプログラムでやろうとするとちょっと面倒なのです。 なぜかというと、Windowsプログラムは常にパソコンを起動させて動かせておかなければならないので、完全に自動的にというのが難しいのです。しかし、ワードプレスのようなサーバーサイドプログラムであれば自動的に稼働し続けてくれるし、パソコンが占有されるということもないのです。MacもWindowsも関係がありません。 やり方は色々とあると思いますが、ワードプレスには無料のプラグインがたくさんあります。そういったリソースを利用できるという点で稼ぎ方のバリエーションが広がるメリットがあります。
ポイント
  • Auto Twitter Followがワードプレスのプラグインである最大の理由はAmazon アソシエイト系プラグインと連携しやすいため
  • ワードプレスプラグインなのでMacもWindowsも関係なくスマホからでも使える
ワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグイン

【Yahoo! Imgae】


レッスン5Auto Twitter Followを使う前にやること

はじめに必ず必要になる情報がTwitter Developers APIの4つのキー情報です。 持っていない場合、以下の手順でAPIキーを取得して下さい。 [LPI slug="twitter-developers-api" post_type="page" mode="1"]
ポイント
  • Twitter Developers APIキーが必要
ワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグイン

【Yahoo! Imgae】


レッスン6プラグインにAPIキーを設定する

前回はAPIキーの取得方法について説明しました。 今回はAPIキーをAuto Twitter Followに設定する方法です。 Auto-Twitter-Follow-設定 APIキーは [ 設定 ] → [ ツイッター設定 ] をクリックして ・コンシューマキー ・コンシューマシークレット ・アクセストークン ・アクセストークンシークレット に入力し [ 変更を保存 ] をクリックします。 APIキーは最大で5件(アカウント)登録できます。複数登録するとランダムに選択されます。 Auto-Twitter-Follow-APIキー設定   APIキーを入力したら、次にAPIキーが正しく動作しているかをTwitter内を検索して確認します。 [ 検索フォロー設定 ] をクリックして「検索キーワード」になんでもいいのでキーワードを入力します。 ここではよく使われているだろう「なう」というキーワードを使ってみます。 入力したら [ 変更を保存 ] をクリックします。 初期設定では誤作動を防ぐために「検索フォローで実際にフォローするかどうか」という項目が「しない」となっておりテストすることができます。実際にフォローをする場合は「する」に変更します。 キーワード 次に左サイドメニューの [ 強制 検索フォロー実行 ] をクリックします。 「強制 検索フォロー実行」は通常はスケジュールで行う検索フォローを手動で即座に行います。 やり過ぎるとTwitter APIの回数制限に引っかかってしまい、しばらく利用できなくなるので注意して下さい。 強制-検索フォロー実行-サブメニュー フォロー人数の下に数字が出れば検索して表示された件数(フォローできる人数)となります。 確認ができたら「検索フォローで実際にフォローするかどうか」「する」に変更して下さい。 もし検索結果が「0」の場合はAPIキーが間違っているか、無効であるか、たまたまそのキーワードで検索にヒットしなかった可能性があります。見直してみましょう。
ワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグイン

【Yahoo! Imgae】


レッスン7ツイッターのキーワード検索を極める

前回はAPIキーの設定とTwitterの機能テストを行いました。 今回は「検索フォロー」でフォローするユーザーを見付ける方法です。 まず「検索キーワード」だけを指定した場合は、単純にキーワードにマッチしたつぶやきをしたユーザーがヒットします。 キーワード検索はTwitterの検索機能に依存します。Twitterの検索はTwitterならではの機能があります。 検索の使い方は本家のヘルプに載っているので紹介します。 Twitter検索ヘルプ ▼検索オプションの使い方 基本的な検索方法は「AND検索」「OR検索」「NOT検索」の3つです。 「AND検索」は「A かつ B」の条件を満たすツイートが検索できます。 「OR検索」「A または B」の条件を満たすツイートが検索できます。 「NOT検索」「Aを含まない」ツイートが検索できます。 「AND検索」「キーワードA キーワードB キーワードC」というように半角空白でキーワードを挟みます。 キーワードを増やせば増やすほど検索範囲は絞りこまれ検索結果が少なくなる特徴があります。 「OR検索」「キーワードA or キーワードB」というように半角空白「or」でキーワードを挟みます。 キーワードを増やせば増やすほど検索範囲は拡がり検索結果が多くなる特徴があります。 「NOT検索」「キーワードA -キーワードB」というように半角空白「-(マイナス記号)」でキーワードを挟みます。 キーワードAで検索し、その内容にキーワードBが含まない条件となります。 例えば、「OR検索」はどうしても検索範囲が拡散しがちですが、「NOT検索」と組み合せることで検索範囲を広げつつ絞り込みができます。 [note]キーワードA or キーワードB -キーワードC -キーワードD[/note] これで大抵の検索結果は絞り込みできます。 次にフレーズ検索を紹介します。フレーズ検索は二重引用符でキーワードを囲みます。 二重引用符で囲んだ文字列を「そのまま」含むツイートが検索できます。 のはずなんですが日本語だとうまく働かない時があります。 次にTwitterならではの検索機能についてです。 Twitterではツイート内容をポジティブなものとネガティブなもので分けることが出来ます。完全に日本語に対応しているかは微妙ですが、精度はけっこういけます? やり方は簡単です。アメリカ版の顔文字を付けます。 [note]ポジティブな内容を検索する場合はキーワードの後ろに「:)」を付けます。 ポジティブな内容を検索する場合はキーワードの後ろに「:(」を付けます。[/note] [note]怒られた :( 嬉しかった :)[/note] 次に疑問形のツイートだけを検索する方法です。 これはキーワードの後ろに「?」を付けます。そのままですね。 わざわざキーワードに疑問形を指定しなくてもいいのがいいですね。 次にジオロケーションに関連したものです。 「near:」に続けて地名を指定するとその地名付近でツイートされたツイートを検索できます。 地名は郡市区町村に対応しています。 さらに範囲は距離で指定できます。 [note]near:新宿 within:15km[/note] 日時の指定もできます。「since:」「until:」を使います。 新宿15km以内で2014年10月18日までにツイートされたものを検索するには以下のようにします。 [note]near:新宿 within:15km until:2014-10-18[/note] 新宿15km以内で2014年10月18日以降にツイートされたものを検索するには以下のようにします。 [note]near:新宿 within:15km since:2014-10-18[/note] 他にもありますがこの辺を抑えておけば大丈夫です。
ポイント
  • 検索キーワードはTwitterの検索機能が使える
【Yahoo! Imgae】

ワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグイン

【Yahoo! Imgae】


レッスン8
検索フォローでユーザーを属性分けする

前回はTwitterのキーワード検索を学びました。 キーワードにヒットしたユーザーをもっと細かく属性分けする方法です。  

使える属性フィルターはなんと18種類!

  1.ボットリストで指定したユーザーを除外する 2.ユーザーデバイスリストで指定したユーザーだけをフォローする 3.ツイート内容に除外キーワードが含まれていたら除外する 4.ツイート日時を指定する 5.ユーザープロフィールにプロフィールマッチワードが含まれていたらフォローする 6.最大ツイート数 7.最小ツイート数 8.最大フォロー数 9.最小フォロー数 10.最大フォロワー数 11.最小フォロワー数 12.最大リツイート数 13.最小リツイート数 14.最大お気に入り数 15.最小お気に入り数 16.ユーザーの住んでいる地域を指定する 17.ユーザーの使用言語を指定する 18.アカウント作成日時を指定する   属性分け 属性指定のコツですが、全てをオンするとフォローできるユーザーがいなくなる可能性が高くなります。 なので、部分的に必要な項目だけをTPOに応じて使い分けていきます。 属性分けの大きな分類はボットかヒューマンかの違いです。 今やツイートしているアカウントの半数近くはボットプログラムであるため、無計画にフォローをしていると、あとで2000人問題が立ちはだかります。 2000人問題というのはフォロワーが2000人以下の場合は、フォローユーザーを2000人以上増やせない、という制限のことです。 つまり、フォローしたければフォロワーをまず集めなければなりません。 ボットのよい所は大抵無条件でフォロー返しをしてくれることです。 ビジネスには繋がりませんが、2000人問題を早めにクリアするためには利用価値があります。 逆にヒューマンはビジネスに繋がる可能性がありますが、フォローをしたからといってフォロー返しをしてくれるとは限りません。そのためヒューマンだけを狙ってフォローしていくと、先にフォローユーザーが2000人に達してしまいそれ以上フォローできなくなってしまいます。 こうなったらフォローしてくれないユーザーを外していくしかありません。 このように一長一短があるのです。 無難な方法としては、先にフォロー返しをしてくれるボットを集めてフォロワーをバランスよく2000人以上にすることです。最初にヒューマンばかりをフォローすると前述した問題が起きるので注意して下さい。 フォロワーが2000人以上を越すと、アカウントが凍結される危険も少なくなります。 そこでヒューマンに絞ってフォローしていきます。 では、ボットとヒューマンを見分ける方法ですが、単純に見分けるには「ボットリストで指定したユーザーを除外する」を有効にすることです。なぜかというとボットもTwitter APIを利用しているので、API登録で使用したプログラム名で判断ができます。 個人で作ったボットプログラムは判定が難しいですが、大手ボット作成サービスを利用したボットは「ツイ助。」といった識別子がついているので、そこでおおまかに判断します。 またボットはお気に入りをほとんどしないのでお気に入りが「0件」のアカウントは除外するという手もあります。 「最小お気に入り数」「1」とすれば最低でもお気に入りを1回はしたユーザーが対象となります。 ではヒューマンを判断する方法ですが、これはボットプログラムの判定同様につぶやきに使用したツールで判定できます。例えば、スマホユーザーであればiPhoneAndroidといった識別子がつきます。 「ユーザーデバイスリストで指定したユーザーだけをフォローする」を有効にして、明らかに人間が使うツールの識別子を指定すれば、ほぼヒューマンだけをフォローできます。 ヒューマンの特徴としてボットとは違い「お気に入り」「リツイート」といったコミュニケーションを図っている可能性があるので、「最小リツイート数」「最小お気に入り数」を閾値として判断するという手もあります。 ヒューマンであっても、ツイート数が少なく、お気に入りもせず、リツートもしていなければ非アクティブユーザーである、ということは想像できますね。 属性分けするポイントとしては、マニアックな属性分けほどフォローできるユーザーは激減するということです。ある程度フォロワーが集まってからニッチな検索条件を指定しましょう。 例えば、ツイートした地域が検索条件として指定できますが、都会でもない限りリアルタイムでつぶやきがヒットするということはなかなかありません。 また2000人問題がクリアした後であれば、大雑把にフォローをしてあとでフォローバックしてくれないユーザーをリムーブするという減算思考もあります。
ポイント
  • Auto Twitter Followは18項目のユーザー属性分けフィルターがある

レッスン9
フォローされたら自動的にフォロー返しをする

フォロワーが増えるのは嬉しいことですね。 フォローされたら自動的にフォロー返しをすることができます。 フォロー返し設定 初期設定では「フォロー返しで実際にフォローするかどうか」「しない」となっています。 「しない」の場合は左サイドメニューの「強制 フォロー返し」でフォロー返しテストができます。 実際にフォロー返しをする場合は「する」に設定して下さい。
ポイント
  • Auto Twitter Followは自動フォロー返しができる

レッスン10
両思いフレンドチェック

Twitterにはフォロワー2000人問題というものがあり、フォローユーザーが2000人を超すとフォロワーが2000人を超すまでは新しくフォローできないという制限があります。 しかも、いきなり大量にユーザーをリムーブするとアカウントを凍結されてしまいます。 そこで、毎日ちょっとずつフォローユーザーとフォロワーの数が同じくらいになるように調整していくことがポイントです。 フレンドチェックは自分がフォローしているのに、フォロー返しをしてくれない片思いユーザーを一定時間経ったらリムーブする便利な機能です。 フレンドチェック 初期設定では「フレンドチェックで実際にリムーブするかどうか」「しない」となっています。 「しない」の場合は左サイドメニューの「強制 フレンドチェック」でフレンドチェックテストができます。 実際にフレンドチェック後にリムーブをする場合は「する」に設定して下さい。
ポイント
  • Auto Twitter Followはフォローしているのにフォロー返しをしてくれないユーザーを自動的にリムーブできる

レッスン11
ショートコードを使いこなす

Auto Twitter Followにはショートコードがあります。ショートコードは投稿記事内に挿入します。 ショートコード [table id=26 column_widths="20%|80%" /] 【 例 】 [note][[ATF keyword="検索キーワード" interval="500"]][/note] テーマテンプレートの中でも使うことができます。その場合は以下のようにします。 例えば個別記事テンプレートの「single.php」の中で使う場合。 [note]<?php echo do_shortcode( '[[ATF keyword="' . $post->post_title . '" interval="500"]]' ); ?>[/note] ショートコードはそのまま使えないので「do_shortcode()」関数を使います。 「keyword」属性を自動で指定したい場合は投稿記事のタイトルなどを使います。「$post->post_title」とすると投稿記事のタイトルが指定できます。投稿記事のタイトルから自動的にキーワードを取得してくれます。貼り付ける場所は自由です。 注意点として二重引用符と一重引用符で囲み分けをすることです。「"」と「'」は必ず対になっているので閉じ忘れに注意して下さい。 ウィジェットの中で使う場合はテーマテンプレート中の「functions.php」に以下の一行を追加します。 [note]add_filter('widget_text', 'do_shortcode');[/note] これでウィジェットでもショートコードが使えます。 標準の「テキスト」ウィジェットを追加して以下のように入力すればウィジェット内で表示されます。 [note][[ATF keyword="検索キーワード" interval="500"]][/note] 使用するウィジェットはテキストが表示できるものであればなんでも構いません。
ポイント
  • Auto Twitter Followはショートコードが使える
  • ショートコードを使って記事に関係するキーワードをつぶやくユーザーをフォローできる

レッスン12
スケジュール間隔を調整して凍結対策

ここまでで大体の機能は説明したわけですが、最後に微調整をしましょう。 Twitterにはボットとヒューマン問わずアカウント凍結というペナルティがあります。 これは既にご存知だと思いますが、なんであれ短期間にある行為を連続して行うとアカウントが凍結される可能性があります。 短期間で連続してフォローをする、短期間で連続してフォロワーをリムーブするといった行為は、繰り返しているとアカウントが凍結されます。 ポイントは能動的に行ったかどうかなので、例えば受動的な「フォローされる」という行為についてはペナルティはありません。なので有名人でアカウントを開設して一気にフォロワーが増えたとしても(それが購入という手段だったとしても)凍結にはなりません。 上記のことが理解できれば「スケジュール間隔の調整」は重要な意味を持っていることが理解できると思います。 しかし、スケジュール間隔の調整はみんながみんな同じではありません。こことても重要です。 前述した2000人問題をクリアしたアカウントと開設したばかりでフォロワーもろくにいないアカウントとでは、信用度が異なります。 つまり、前者の方が優遇されるので、その分無茶も許される傾向にあります。逆にどう考えてもグレーな使い方を強引にしているアカウントは凍結されやすくなり、IPアドレスが一緒であれば以後アカウントを新規に作っても狙い打ちされる可能性があります。 そうならないためにもスケジュール間隔の調整は必須です。問題は自分のアカウントの信用度は知ることができないことと、Twitter側の凍結方針は今後どのように変わるか分からないことです。 なので現時点で「この設定でOk」という考え方は捨てて下さい。 Twitterのアカウント凍結アルゴリズムというのは公開はされていないのですが、私の推測ですが平均値があり異常値を検出することで認定している、というものです。 ユーザーの行動を全て監視するというのは不可能なので、ユーザー全体の行動を平均化します。 例えば平均的なユーザーであれば一日に何回つぶやいて、何人のフォロワーがいて、といった数値です。 これが時間あたりの平均を大きく異なる行為を行うとフラグが立ちます。フラグというのはグレー認定という意味です。 ユーザーの行動というのは平均値はあってもムラがあるので、その異常な行動はたまたまという可能性があります。そのため一発でブラック認定ということはありません。前段階としてグレー認定があります。 しかし、グレー認定されるとマークが厳しくなり、(確率的には有り得ない)異常行動を連続して行うとブラック認定になる、というわけです。 このように統計をベースにすることで決め打ちではなく流動的に対処ができます。これがユーザーそれぞれ調整が必要な理由です。 さらに使い方は統計的に異常ではなくとも、感情的に異常という場合もあります。例えばネガティブな内容ばかりを投稿したり、他のユーザーと喧嘩をするといった行為です。 こういった行為については「スパム報告」「ブロック」という投票制度があります。 もしあなたのアカウントが「スパム報告」「ブロック」をされ続けると、使い方は普通であっても徐々にブラックへと傾いていきます。免許の点数制のようなものですね。マイナスに投票されることで多数決によって凍結されてしまいます。 では、いよいよスケジュール間隔の調整です。新規アカウントという条件であれば一日にフォローする人数は50人を目安にして下さい。50人であれば凍結の心配はまずないと思います。少ないですよね? しかし、日に50人ペースだと2000人に達するまで約40日です。 しかし、実は先ほども述べたようにこの制限は絶対ではないのです。フォローできる人数はフォロワーによっても変わってきます。フォロワーが多ければより多くのフォローができるのです。なぜかというとフォローされたらフォローを返した方がTwitter的には自然だからです。 なので、フォローする人数とフォロワーの人数が半々であれば当然一日に50人のペースを守る必要はなくなります。 例えば、テレビの企画で短時間に異常にフォロワーが数千人と増えるということもあり、当然そこでフォローを数千人数分返すことが予想されますが、それはアリなのです。 要はバランスなのです。フォロー人数が多いのは悪、フォロワー数が多いのは善と割りきって考えても間違いではありません。理想はフォローする人数とフォロワーの人数が半々です。これ非常に重要です。 となるとフォロワー2000人問題を最短でクリアする戦略は以下の通りです。 フォローとフォロワーは半々を目指す 一日にフォローする人数は50人に抑える 2000人問題をクリアするまでは確実にフォロー返しをしてくれるユーザーを狙う ダイレクトメールは2000人問題をクリアするまでは出さない ダイレクトメールについてはあとで説明しますが、一日に50人ということは単純に計算すると一日は24時間なので、1時間あたりフォローできる人数は約2人ということになります。 つまり、 [ 検索フォロー設定 ]「検索フォローのスケジュール間隔」は「1時間毎」が正解です。 スケジュール間隔 さらに [ ツイッター設定 ]「一度にフォローする上限数」「2」が正解です。 一度にフォロー数上限数 これ以上増やしてもいいですが、凍結リスクは高くなります。 次にフォローするユーザーですが、1時間でフォローできる人数が2人ということは厳選する必要があります。 あとでリムーブしなくてもいいように必ずフォロー返しをしてくれるユーザーに絞ります。 なぜAuto Twitter Followに18件もの属性分けのオプションがあるかもうお分かり頂けましたね。 必ずフォロー返しをしてくれるユーザーといえば、ヒューマンではなくボットなので、2000人を超えるまでは積極的にボットを探しだしてフォローしましょう。2000人を超えたら逆にボットは排除していきます。 この時、ボットにも信用度があるのでフォロー数とフォロワー数が多く、バランスが良いボットに絞ってフォローした方が得策です。 ダイレクトメールについてですが、これはアカウント凍結の対象になりやすい行為のひとつです。 フォローと同時にDM(ダイレクトメール)を送信するのが流行っていますが、2000人を超えるまではフォローするユーザーがほぼボットなのであまり意味がなく、リスクも高いので止めたほうがいいです。 ダイレクトメールを送るのは2000人を超えた後で、ヒューマンに属性を絞り込んだ後にした方がベターです。 ダイレクトメールを送らない代わりに、プロフィールにダイレクトメールの内容を載せておけば、フォローされた時に送信されるTwitterのお知らせメールで表示されます。 最後に注意点として、これはあくまでもひとつの方法でしかありません。 アカウントの凍結を前提とした強引なノウハウもあるので、上記の方法よりもベターな方法を見つけたら検証してみることをおすすめします。
ポイント
  • Auto Twitter Followはアカウント凍結対策としてスケジュール間隔が調整できる

レッスン13
2000人問題をクリアしたらやること

Auto Twitter Followでバランスよく2000人問題をクリアしたとします。 そしたら、そのアカウントは信用度があるのでAuto Twitter Followでは使わない方がいいでしょう。 あるいはフォロー返しだけに使ったりする程度に控えておきます。 つまり、手動に切り替えて大切に運用した方がいいということです。価値があるのです。 2000people 2000人問題をクリアしたらやることは、ボットではなくヒューマンユーザーを増やすことです。 自動的にツイートをしているかもしれませんが、手動に切り替えて適度な間隔でタメになるつぶやきをして、より人間らしいツイートをして行くほうが、精読率反応率が上がります。 この辺はメルマガと一緒で、タメになる内容であればボットでもヒューマンでもリムーブやブロックはされないし、10のうち1件が広告であっても反応率は下がらないのです。 なにが大事かというとフォロワーの数ではなく、最終的には自分のツイートを読んでくれて、反応してくれるユーザーの質です。 TwitterアカウントにはRPGのようにHPやMPがあり、そして攻撃力や防御力といったステータスがあります。 アカウントを使い潰すのもありだし、大切に最強まで育てるのもありです。どのように開花させるかはあなたのアイデアと工夫次第です。 Auto Twitter FollowはTwitterで試行錯誤して、たまには失敗してしまう人達のフォローツールになれば幸いです。
ポイント
  • 2000人問題をクリアしたらAuto Twitter Followの設定を変えた方がいい
  • Auto Twitter Followを使えば2000人問題をクリアすることはたやすい
  • 2000人問題をクリアしたらAuto Twitter Followの設定を変えた方がいい
  • 2000人問題をクリアすればアフィリエイトで稼げるチャンスはぐっと高まる

レッスン14Q&A

Q.バージョンアップは無償ですか? A.不具合へのバージョンアップは基本無料です。ワードプレスのバージョンアップは頻繁に行われています。廃止された機能によってプラグインが動かなくなった場合はバージョンアップにて対応致します。 Q.設置のサポートはしてくれますか? A.動作可能なレンタルサーバーであれば設置のサポートを(初回のみ)致します。サポート方法はワードプレスにFTPまたはユーザーアカウントを作成していただきログインできる状態にしていただく必要があります。 Q.プラグインのカスタマイズはしてくれますか? A.設定でカスタマイズできることであればアドバイスをしますが、機能の改変については有償サポートとなります。 Q.プラグインの活用方法について相談に乗ってくれますか? A.乗ります。設定のアドバイスや使い方のコツなど相談していただければメールでお答えします。 Q.ワードプレスの他に必要なものはありますか? A.Auto Twitter Followはワードプレスがあれば基本的にはテーマもプラグインも不要です。ただし、ブログとツイッター投稿を連携したい場合はツイッター投稿系プラグインを導入されることをお勧めします。 Q.アカウントは同時に何個まで扱えますか? A.同時に5件まで扱うことが出来ます。 Q.初心者にも扱えますか? A.ワードプレスの操作ができれば簡単です。一度設定してしまえば自動的に動き続けます。
ワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグインワードプレスプラグイン

【Yahoo! Imgae】

ご利用者の声
Auto Twitter Follow
Auto Twitter Follow ※画像はイメージです
販売価格\9,800
販売形態ダウンロード版
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください
ソフトウェア 動作環境本ソフトウェアはサーバー側で動作します。使用者はブラウザを使って操作できOSはWindowsでもMacintoshでもスマホでも通信環境とブラウズソフトがあれば可能です。

サーバー側に必要な動作環境はWordPress 3.x系以上がインストールできるサーバーが前提です。
WordPress 3.x系以上を動作させるには
PHP バージョン 5.2.4 以上
MySQL バージョン 5.0 以上

がインストールされている必要があります。

サーバー側のOSは Linux系OSがおすすめです。
サーバーメモリ 512MB以上を推奨
サーバーCPU Intel Pentium Ⅲ以上(Pentium Ⅲクラス、1GHz 以上推奨)
レンタルサーバーでお使いの場合は契約しているレンタルサーバーにてサーバースペックをお尋ねください。
WordPress 3.x系以上がインストール可能なレンタルサーバーであれば動作します。
サーバーのハードディスク空き容量は3MB以上推奨です。
推奨ブラウザ環境Google Chrome 37以上
FireFox 27以上
Microsoft Internet Explorer 10.0以上
Safari 5.1以上
動作確認済みサーバーエックスサーバー、ロリポップサーバー、さくらサーバー、wpxサーバー、GMOサーバーで確認済みです。
ポイント
  • 検索エンジンに頼らずに集客する方法のひとつとしてツイッターという選択肢がある
  • Twitterは無料で情報を発信できテレビやラジオといった広告媒体と比較すればダントツに費用対効果が高い
  • Twitterの問題点としてつぶやきを見てくれるフォロワーの獲得が普通では難しい
  • Auto Twitter Followを使えば自動的にフォロワーを増やしてくれる
  • Auto Twitter Followはマルチアカウントに対応している
  • Twitterでフォロワーを増やす際に問題になるのが属性分けされたユーザーである
  • ツールを使わずユーザーの属性を調べることは難しい
  • 属性分けされたユーザーを獲得することがTwitterのカギとなる
  • フォロワーを増やした後はAmazon アソシエイトがおすすめ
  • Auto Twitter Followがワードプレスのプラグインである最大の理由はAmazon アソシエイト系プラグインと連携しやすいため
  • ワードプレスプラグインなのでMacもWindowsも関係なくスマホからでも使える
  • Twitter Developers APIキーが必要
  • 検索キーワードはTwitterの検索機能が使える
  • Auto Twitter Followは18項目のユーザー属性分けフィルターがある
  • Auto Twitter Followは自動フォロー返しができる
  • Auto Twitter Followはフォローしているのにフォロー返しをしてくれないユーザーを自動的にリムーブできる
  • Auto Twitter Followはショートコードが使える
  • ショートコードを使って記事に関係するキーワードをつぶやくユーザーをフォローできる
  • Auto Twitter Followはアカウント凍結対策としてスケジュール間隔が調整できる
  • Auto Twitter Followを使えば2000人問題をクリアすることはたやすい
  • 2000人問題をクリアしたらAuto Twitter Followの設定を変えた方がいい
  • 2000人問題をクリアすればアフィリエイトで稼げるチャンスはぐっと高まる

スペシャル特典

特典その1
Auto Twitter Follow 他人には絶対言えない徹底活用講座
(講座終了後PDF進呈)
特典その2
ミリオンハイスクール入塾権4ヶ月分
2014年11月30日までにお申込み頂いた方に限りますのでお早めにお申込み下さい。

ご購入はいますぐこちらから

本教材は、利用者様のご使用方法によっては第三者に迷惑がかかる場合がございます。ご使用にあたっては、他ユーザーに迷惑をかけるようなご利用は絶対に行わないでください。
※本商品で紹介している「凍結対策」等は、「Twitterの利用規約に則り、第三者に迷惑をかけていないにも関わらず凍結してしまう」ことを防ぐためのもので、スパム行為を助長するものではありません。

特定商取引法に基づく表記