【悲報】日本の女性の社会進出、29カ国中28位だった

日本の女性の社会進出の遅れが深刻。イギリスのエコノミスト誌が「ガラスの天井指数」というランキングを発表。日本は29カ国中28位だという。

イギリスのエコノミスト誌では、毎年、国連が定めた「国際女性の日」(3月8日)に、「ガラスの天井指数」というランキングを発表しています。これは「女性の社会進出を妨げる見えない障壁」を指しており、経済協力開発機構(OECD)加盟国29カ国が対象です。男女の高等教育や、労働力率、賃金や育児費用など10項目を加重平均して算出したものです。

このチャートを見ると、29カ国中、日本はなんと28位! これは、学歴としてほぼ同じなのに男女の経済参画には大きな格差があることや、12.5%という女性管理職の割合の低さが起因としています。

具体的な数字を見てみると、より実感がわきます。

株式会社インテリジェンスの「DODA」が調査した「平均年収ランキング2016」(2015年9月~2016年8月、DODAエージェントサービス登録約27万人のデータを元に発表)でも、働き盛りの30代では男性が501万円、女性が390万円と111万円もの差が出ています。この差は開き続け、40代では、男性が615万、女性が425万(差額190万円)、50代では男性が744万円、女性が461万円(差額283万円)となっていきます。

このような賃金の差は、経済参画の男女格差を如実に表しているとも言えそうです。

以下ソース
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50373

続きを読む

関連記事