しまむらがネット通販への参入を検討。電子マネー対応やポイント付与も

稼いだゴールドはネットマネーなどに交換できます。

しまむらはネット通販への参入を見据え、社内に「EC(電子商取引)研究プロジェクト」を立ち上げた。また、従来対応していなかった電子マネーやポイント付与も始める予定だという。

顧客からの店頭にない商品の注文を簡略化する方法を研究するとともに、ICタグ(電子荷札)の導入も検討する。しまむらはECやICタグ装着には慎重な姿勢だったが、業界のEC化が進展しているため、「デジタル」にシフトする。

これまで顧客の要望する色や柄、サイズが店頭にない場合、顧客にカタログを見せて注文を受けるといった対応をとっており、時間がかかっていた。

EC研究プロジェクトでは、A店からB店に商品を店舗間移動する方法だけでなく、店頭のタブレット端末と本社の在庫管理システムを接続。顧客に商品を示しながら受注などに迅速に対応する仕組みなどを研究する。

顧客は商品を店頭でも宅配ボックスなどでも受け取れるようにしたい考え。こうした仕組みを発展させてウェブサイトを通じたネット通販の実現につなげることも検討する。

続きはソース元から
http://newswitch.jp/p/10053

続きを読む

関連記事