イーロンマスクの目指すトラックのEV化は現実的ではない?バッテリー技術が急速に進歩しない限り難しいとの調査結果

あぁー、私のMacが帰ってきた感…。。。 これでトラックパッドの不調が戻れば完璧だな!バッテリー膨張か、ケーブル断線のどっちかなんだが。
トラックに乗せるのにジョルちゃんのハンドルロック解除しといてって言われたから、ついでに車体拭いてエンジン回しとこーと思ったらエンジンが掛からない!バッテリーが上がってるのか故障してるのかどっちや⁉︎とキック使ったら一発始動した。故障じゃなくて良かった_:(´ཀ`」 ∠):_
朝来たらトラックのバッテリー盗まれてて現場行けないっていう事故が発生した。 マジ勘弁だわ。
トラックのバッテリー交換させられるハメになり帰るのこの時間
僕には今、エンジンオイルの主成分、役割等を調べ報告する使命と何故トラックは逆ネジなのか?を調べ報告する使命とバッテリーの回路をわかりやすく説明すると言う難題を突きつけられてる… 頑張るしか…( ̄^ ̄゜)
バッテリー(軽自動車、普通自動車、トラック・バス)の買い取り実施中!!
誰かトラックのバッテリーとかゆずってくれんかな。使えんくてもええ。

テスラのイーロン・マスクは、乗用車だけでなくトラックをEV化することを目指しているが、それにはバッテリー技術の大きな飛躍が必要だという。

マスクは、にわかには信じられない発言をしても、信じてみようと思える人物だ。だがそんな彼であっても、現在主流のディーゼルトラックに代わる長距離輸送トラックを開発するのは、バッテリー技術が急速に進歩しない限り難しいだろう。そう結論づけたのは、カーネギーメロン大学のヴェンカット・ヴィスワナータン准教授と、院生のシャシャンク・スリパッドだ。彼らの論文はすでに査読され、『ACS Energy Letters』誌で近く発表される予定である。

『WIRED』US版は発表前の論文を入手した。彼らの研究によると、バッテリーでセミトレーラーを動かす場合、走行距離は約480kmにとどまるとともにコストは膨れ上がり、積載能力も不十分になるという。原因は、道路を走り続けるために必要なバッテリーの重量と大きさだ。「電気飛行機と同じくらい解決が難しい問題です」と、ヴィスワナータンは言う。

続きはソース元から
http://wired.jp/2017/06/16/tesla-semi-truck-battery/

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/06/24(土) 08:05:21

      あぁー、私のMacが帰ってきた感…。。。

      これでトラックパッドの不調が戻れば完璧だな!バッテリー膨張か、ケーブル断線のどっちかなんだが。

    2. 匿名希望
      2017/06/24(土) 08:05:21

      トラックに乗せるのにジョルちゃんのハンドルロック解除しといてって言われたから、ついでに車体拭いてエンジン回しとこーと思ったらエンジンが掛からない!バッテリーが上がってるのか故障してるのかどっちや⁉︎とキック使ったら一発始動した。故障じゃなくて良かった_:(´ཀ`」 ∠):_

    3. 匿名希望
      2017/06/24(土) 08:05:21

      朝来たらトラックのバッテリー盗まれてて現場行けないっていう事故が発生した。
      マジ勘弁だわ。

    4. 匿名希望
      2017/06/24(土) 10:23:34

      トラックのバッテリー交換させられるハメになり帰るのこの時間

    5. 匿名希望
      2017/06/24(土) 16:12:20

      僕には今、エンジンオイルの主成分、役割等を調べ報告する使命と何故トラックは逆ネジなのか?を調べ報告する使命とバッテリーの回路をわかりやすく説明すると言う難題を突きつけられてる…
      頑張るしか…( ̄^ ̄゜)

    記事に戻る

関連記事