サムスン、有機ELの次世代技術マイクロLEDテレビ「The Wall」を発表

米ラスベガスで開催される「2018 International CES」で、サムスンがプレスカンファレンスを開催し、世界初のマイクロLEDテレビ「The Wall」を発表した。

同社によると「The Wall」はバックライトを使わず、カラーフィルターも使わない。RGBの微細なLEDを敷き詰めており、これにより最大2,000nitsの輝度、自然な色調、深く沈んだ黒を実現する。

また、テレビとして世界で初めてモジュール式になっており、ベゼルレスのため、サイズを自由に変えることができる。

サムスンは、この「The Wall」の画質やデザインはサムスンのオンリーワン技術によるもので、「テレビの可能性を最定義し、これまでできなかったことを可能にする」と述べている。
続きはソース元から
https://www.phileweb.com/news/d-av/201801/09/42994.html

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2018/01/22(月) 20:52:55

      次期アイフォンはサムスンの有機ELじゃなくてJDIの新しい液晶なのぬ。

    2. 匿名希望
      2018/01/22(月) 20:52:55

      iPhone X欲しいけどやっぱり高い…
      有機ELの値段がもっと安くなれば…
      サムスンめ

    3. 匿名希望
      2018/01/22(月) 20:52:55

      有機ELってどうしても寿命が気になる。 アホみたいに安くなるなら別だが。 サムスンのギャラクシーが何時も焼き付いてるの見ると トホホって気分。

    4. 匿名希望
      2018/01/22(月) 20:52:55

      調べたら現行のVIVEもサムスンのペンタイル有機ELなんか。。まあコスパ優先する以上仕方ないんやろうなぁ。。

    5. 匿名希望
      2018/01/22(月) 20:52:55

      平田機工、Vテクノロジーのコンビニが半導体に次いで、有機EL関連として再浮上するね(^。^)
      韓国のサムスン、LG電子、中国の有機EL関連です、特にLG電子が中国に1兆円投資を行う計画があります。
      具体的になれば大幅高も。

    記事に戻る

関連記事