サムスン、64層256Gb V-NANDフラッシュの量産開始を発表。今年後半のSSDに採用へ

Samsung Electronicsは15日(韓国時間)、256Gbの64層V-NANDフラッシュ量産開始を発表した。

64層V-NANDチップは第4世代V-NANDにあたるもので、2017年末までに64層V-NAND生産を月間NAND生産の50%以上に拡大する予定。同社では1月より主要顧客向けに64層V-NAND搭載SSDを出荷しており、今回の量産開始以降、SSDのほか、組み込み用UFSメモリ、外部メモリカードなどを2017年後半より投入する見込み。

同チップは、現行NANDフラッシュで最速となる1Gbpsのデータ転送速度を謳うほか、48層3bit 256Gb V-NANDフラッシュの約1.5倍、10nmクラスのプレーナNANDの約4倍となる、500μsという業界最速のtPROG(ページプログラムタイム)を達成したとしている。

64層256Gb V-NANDでは、既存の48層256Gb V-NANDと比較して、30%以上の生産性向上を実現し、電圧が3.3Vから2.5Vに下がり、約30%のエネルギー効率向上を謳う。セルの信頼性も約20%向上し…

続きはソース元で
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1065996.html

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/08/17(木) 20:50:27

      個人的な選択だけども、USBフラッシュメモリと通常サイズのSDカードについてはサンディスクのExtreme Proシリーズ、microSDはサムスンのProシリーズ、256GBはEVOシリーズを買っておけばまず間違えないと思います。値段のわりに速い。ただサンディスクは正規品が高い

    記事に戻る

関連記事