三井住友の「4000人配置換え」の衝撃。行員、AIの恐怖に怯え咽び泣く

テスト採点をしていて不思議に得点が高かったので、ベテランゆるふわ講師にチェックしてもらうと、とある解答を勘違いして丸をしていたことがわかった。点数をごまかしたり、事前に生徒に問題を漏らしたりして得点を稼ごうとする講師がいるなか、みんみん先生の公明正大さを物語るエピソードである。

05

三井住友銀行の「4000人配置換え」が話題。「銀行員にもう仕事がない」ことを証明しているのだろうか…。

超優秀なAIに仕事を奪われる
「私はこれから何をすればいいのですかね……」
大手信託銀行に勤める職員(40代後半)は喫煙所でこう呟いた。彼は20年にわたって都内の支店で勤務してきた内勤のベテラン職員だ。

営業マンが顧客からもらってきた契約書などの書類の内容に誤りがないかをチェックしてきた。このチェックを経ないと、上司に書類が渡らず、決済ができない仕組みだった。その仕事がなくなる。

この信託銀行では、人の手による書類チェックが今年度から段階的に廃止されることになったからだ。

中略

今後、銀行の業務に導入されていく人工知能、AIは金融業に変革をもたらす。AIは単なるプログラムではない。自ら学び、進化していく。周知のとおり、囲碁では世界チャンピオンをAIが負かし、今後、二度と人間は勝てないと言われている。

定められたルールと情報を入力すれば、人間の知能とは比べ物にならないスピードで「正解」へとたどり着くのだ。その能力は、金融業という分野でも圧倒的なパフォーマンスを発揮する。

その結果、ダブついた人員は行き場を失い、閑職に追いやられる。彼らを組織内に抱えるだけの体力があるうちはいい。だが、長くはもたない。

三井住友銀行は今後3年間で、全店舗をペーパーレス化し、相談業務を中心とする次世代型の店舗に移行する。事務作業は事務センターに集約し、AIなどを使って作業の効率化を図ることで、約4000人を新たな事業部門に移すという。

同行の40代の中間管理職は不安げだ…

続きはソース元で
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52015

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/06/25(日) 17:23:40

      テスト採点をしていて不思議に得点が高かったので、ベテランゆるふわ講師にチェックしてもらうと、とある解答を勘違いして丸をしていたことがわかった。点数をごまかしたり、事前に生徒に問題を漏らしたりして得点を稼ごうとする講師がいるなか、みんみん先生の公明正大さを物語るエピソードである。

    記事に戻る

関連記事