中国企業、ブランドや技術を狙った製造業の買収の次は消費分野で日本進出へ

中国発の新たなビジネスが日本上陸を続々と決めているという。

ネット通販最大手アリババ集団はスマートフォン(スマホ)決済サービスを提供し民泊最大手の途家(トゥージア)は楽天と提携した。

かつて中国企業の日本進出はブランドや技術を狙った製造業の買収が中心だったが消費・サービスへと分野が広がってきた。

日中関係の不安定さなどのリスクはあるものの、2017年は「紅(あか)い経済圏」が日本に押し寄せる節目となる可…

続きはソース元から
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO20179330Q7A820C1TJC000/

続きを読む

関連記事