住みたい街ランキング、武蔵小杉が横浜を抜き2位に

マンション販売の「長谷工アーベスト」(東京)による「住みたい街(駅)ランキング2017」で、2014年以降、首都圏2位の座を守り続けてきた「横浜」が、「武蔵小杉」(川崎市中原区)に取って代わられたという。

調査は04年に始まり、横浜は14年に東京・自由が丘を抜いて2位に躍り出たが、今回、大規模な再開発が進み注目されている武蔵小杉に地位を明け渡した形だ。

同社の担当者は「商業施設の開業や交通利便性の向上などで変化したり、メディアで登場する機会が増えたりした場所で人気が高まる傾向がある」と分析。武蔵小杉には「再開発されてイメージが良くなった。子育てしやすそう」といった声が寄せられたという。

住みたい街ランキング(首都圏)

1位 吉祥寺(東京)

2位 武蔵小杉(神奈川)

3位 横浜(神奈川)

4位 自由が丘、恵比寿(東京)

6位 品川(東京)

7位 大宮(埼玉)

8位 浦和(埼玉)北千住(東京)

10位 新宿(東京)池袋(東京)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170917-OYT1T50007.html

続きを読む

関連記事