値札なし、レジもなし。店内「すべて無料」のスーパーが誕生

オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパー「オズハーベストマーケット」が話題。賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を提供するという。

無料のスーパーは、シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。

運営するのは、2004年以来、国内各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」。スーパーの客には代わりに寄付をお願いしており、開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。

寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000023-asahi-int

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/08/21(月) 06:15:03

      Shute Shieldの1st Gradeは、シドニー近郊の地域ラグビーユニオンクラブのトップメンバーで、ここからスーパーラグビーさらにはワラビーズに選ばれるわけですが、今やってるノースシドニーとイーストウッドには、6月のサントリー戦で来日したワラターズメンバーが沢山出てます

    記事に戻る

関連記事