国内失速の楽天、バルサとパートナー契約、ロゴもアルファベットに変更など世界を意識

国内事業で伸び悩んでる楽天、スペインのFCバルセロナとのパートナー契約など、世界を意識した展開が加速してるという。

楽天は13日、スペインのFCバルセロナとのパートナー契約開始イベントを都内で開いた。ブランドロゴも漢字からアルファベットに一新。国内事業が伸び悩み、拡大するアマゾンの陰で存在感も薄れるなか、世界を意識した展開を加速する。ネット業界の老舗は逆風を乗り越え創業20年目の進化を遂げられるか。

楽天の三木谷浩史社長は「Rakuten」のロゴが入ったユニホームを手に、メッシ選手らそうそうたるメンバーと壇上…

続きはソース元から
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ13I0T_T10C17A7TI1000/

続きを読む

関連記事