国内PC市場のメーカーシェア、1位NECレノボ、2位富士通(レノボ)、3位HPという結果に

no title

MM総研は、2017年度上期(4~9月)国内パソコン出荷状況の調査結果を発表した。それによると、メーカー別シェアはNECレノボグループが首位だったという。

MM総研の2017年度上期(4~9月)の国内PC出荷状況調査によれば、出荷台数は前年度同期比1.6%増の492万8000万台、出荷金額は同5.2%増の4360億円だった。2017年度通期の出荷台数は前年度比2%増の1031万3000台を予想する。

上期のメーカー別シェアの順位は2016年度上期と変わらなかった。首位はNECレノボグループで、シェアは前年度同期比0.2ポイント増の25.8%だった。2位は富士通、3位は法人向けで伸ばした日本HPである。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/17/100200154/120700021/

■上期出荷台数は前年度同期比1.6%増の492.8万台■法人市場と個人市場が共に市場拡大■17年度通期は1,031万台の2%増で2年連続のプラス成長へ 

続きを読む

関連記事