子どもに対してだけじゃない。断固として揺るぎない「父親の声」を使うべき5つの場面

父親の声というのは、叫ぶのではなく「大きな太い声」で、怒鳴りつけるのではなく「叱る」のです。また、別のシーンでも父親の声が活躍することがあります。

  • コメント

    1. 匿名希望
      2018/01/23(火) 10:39:20

      三日月は自分と対になる存在で印象が変わる話ですが(70回目)対小狐丸に関して、花丸狐が深窓の令嬢ならIQ200の落ち着いた保護者だし、ミュ狐が圧倒的包容力真っ直ぐな子なら時々小学生男子みたいだし、活撃はポケット同時配布だから対等な手練れの空気感だし

      ありがとうとうけんらんぶ

    2. 匿名希望
      2018/01/23(火) 10:39:20

      ≪青洞門 seidomon≫【風牌のうち一つと發と筒子の2,4,8の対々】

    3. 匿名希望
      2018/01/23(火) 10:39:20

      イエスの十二使徒【イエスのじゅうにしと】捨て牌と手牌を合わせ、計12対子が出来たらその場で宣言し成立。役満

    4. 匿名希望
      2018/01/23(火) 10:39:20

      最後の七対子とは俺自身が鴨川等間隔の対子になることだ

    5. 匿名希望
      2018/01/23(火) 10:39:20

      【字一色】ジイッショク(役満・鳴き可) 全て字牌で和了。例)東東東/北北北/中中中/發發發/西西 対々和と七対子の形がある。対々和形は鳴いて作れるが、他家に警戒を招きやすい。??んご語録の一つである。

    記事に戻る

関連記事