日本の伝統を救え。29歳女性社長が、子ども向け雑貨で挑戦する新たな取り組み

「0から6歳の伝統ブランドaeru」は、29歳の女性社長が、まだ学生の頃に立ち上げたもの。道具やおもちゃといった雑貨に使いやすさと伝統産業を両立させることで、子どもは小さな頃から自然に伝統的なものに慣れ親しみ、伝統産業の活性化にもつながるという仕組みが考えられています。

関連記事