日立の原発輸出、大手銀など1.5兆円の融資へ。政府が全額債務保証のオールジャパン体制で

日立製作所が英国で進める原発新設プロジェクトに対し、3メガバンクと国際協力銀行(JBIC)を含む銀行団が、総額1.5兆円規模の融資を行う方針を固めたという。

事故などによる貸し倒れに備え、日本政府がメガバンクの融資の全額を債務保証する。政府系の日本政策投資銀行は出資による支援を行うほか、中部電力など電力各社も出資を検討する。総額3兆円規模に上る原発輸出を、政府主導の「オールジャパン体制」で後押しする。

JBICや政投銀による投融資も含めると、政府が巨額のリスクを抱える形となる。損失が発生すれば、最終的には国民負担を強いられる懸念もある。
続きはソース元から

https://mainichi.jp/articles/20180103/ddm/001/020/121000c

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2018/01/21(日) 22:05:53

      「日立の原発を英に輸出するのに政府が融資の保証をするとは何事か。国民の負担になったらどうするんだ?」とお怒りの朝日さんは、FITですでに莫大な国民負担が発生していることをどう考えるの?

    記事に戻る

関連記事