楽天と電通が新会社「楽天データマーケティング」設立。両社のデータを活用したマーケティングサービスを提供

クロスマーケティングはビッグデータ関連として購入。しかしまぁ、人工知能関連、ビッグデータ関連は去年末のゲームセクターみたいに閑散としてますなw
マーケティング担当者の多くは「データはこれまでも常に膨大だった」と感じている。何十年前の企業が収集していた顧客データは、POSトランザクション・データ、ダイレクトメール・キャンペーンへの反応、クー ポン引換率などこれでも相当量はあるもんでしたね。 #ビッグデータ

18

楽天と電通は7月26日、両社が持つデータを活用したマーケティングサービスを企業向けに提供する共同出資の新会社を設立し、10月に営業を始めると発表した。

新会社は「楽天データマーケティング」。資本金は1億円で、楽天が51%、電通が49%を出資し、8月中旬に設立する予定。社長には楽天の有馬誠副社長が就任する。

楽天グループが持つ顧客基盤とビッグデータ、電通グループのマスメディア、生活者のデータとインサイト、戦略構築力を活用し、企業が実施するマーケティング活動の効果を高めるサービスを提供する。

具体的には、「楽天市場」で企業向けブランドタイアップ企画を強化。また楽天グループのデータを活用した顧客分析に基づき、パーソナライズされた広告商品を開発していく。 顧客戦略の立案支援なども行う。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/26/news098.html

https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2017/0726_03.html

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/09/13(水) 20:06:16

      クロスマーケティングはビッグデータ関連として購入。しかしまぁ、人工知能関連、ビッグデータ関連は去年末のゲームセクターみたいに閑散としてますなw

    2. 匿名希望
      2017/09/13(水) 20:06:16

      マーケティング担当者の多くは「データはこれまでも常に膨大だった」と感じている。何十年前の企業が収集していた顧客データは、POSトランザクション・データ、ダイレクトメール・キャンペーンへの反応、クー ポン引換率などこれでも相当量はあるもんでしたね。 #ビッグデータ

    記事に戻る

関連記事