無人ですし配達する自動運転車が登場。60人前のすしを運ぶことが可能

宅配業界で人手不足が深刻になる中、ベンチャー企業とすしの宅配会社が共同で開発が進められている、無人の自動運転ですしを配達する車が13日、公開され話題に。

全長1メートル30センチ、高さは1メートルの小さな箱型の車両で、ドライバーが乗るスペースはなく、最も速くても時速6キロと、人が歩く程度のスピードで走ります。

60人前のすしを運ぶことができるということで、利用者はスマートフォンのアプリで受け取る場所を指定し、車にスマホをかざして鍵を開けて、すしを取り出す仕組みです。

両社は安全性をさらに高め、歩道を走る使い方を目指していますが、こうした車両が歩道を走ることを想定した法律がないため、国に法整備を働きかけていくとしています。

ベンチャー企業「ZMP」の谷口恒社長は「すしだけでなく、幅広い商品の物流に貢献していきたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011057071000.html

続きを読む

関連記事