神保町のドン・キホーテがわずか8カ月で閉店。理由は「テナント経営が最適と判断」

2017年2月17日に東京・神保町にオープンした「ドン・キホーテ」の神保町靖国通り店が、10月13日20時をもって完全閉店することが発表された。理由は「テナント経営が最適と判断した」からだという。

店の一帯は“古書店街”“ビジネス街”“学生街”と3つの面を併せ持つエリア。当初開店にあたってドンキホーテホールディングスは、弁当や総菜、エチケットグッズなどを充実させた「神保町に通勤・通学する方々のちょっとしたニーズにもお応えできる“利便性”の高い店舗」を目指し、店内も古書店街の地域色に合わせて「本をモチーフとしたドン・キホ-テらしい“エンターテイメント性”溢れる演出を施す」と発表していました。

しかし9月に入り、公式サイトの神保町靖国通り店の紹介ページで「完全閉店」のお知らせが掲出。開店から8カ月というスピード、特に理由が書かれていなかったことから、ネットでは「やはり神保町にドン・キホーテは合わなかったのでは」と、店舗と地域色のずれによる経営の失敗を疑う声が多数あがっていました。

閉店理由についてドンキホーテホールディングスの広報室に取材したところ、「神保町靖国通り店が入っている物件は、ドンキホーテホールディングスの所有物件です。別の活用法を検討したところ、ロケーションから考えても間接部門(経理・総務・人事・情報)のオフィスとして貸し出すなど、店舗経営よりもテナント経営の方がグループとしては最適と判断しました」と回答。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/14/news121.html

驚安の殿堂ドン・キホーテの神保町靖国通り店の店舗情報・駐車場情報一覧ページです。日本最大級の総合ディスカウントストア、驚安の殿堂ドン・キホーテオフィシャルサイト。

続きを読む

関連記事