視覚障害者の支援機器の技術、ボストンマラソンに挑む

マラソン出場歴17回のErichManser氏は、法的認定を受けた視覚障害者です。網膜色素変性症を患い、視力の程度は「パラフィン紙で覆ったストローを通して見たような感じ」だと言います。4月にErichManser氏はボストンマラソンに8回目の出場を果たし、完走しました。しかし今回はこれまでとは異なり、Airaという視覚障害者支援技術を使用して完走した初のレースだったのです。網膜色素変性症のため盲目

[紹介元] ライフハッカー[日本版] 視覚障害者の支援機器の技術、ボストンマラソンに挑む

関連記事