貧乏な家庭の子供は学力も低いという残酷な調査結果が話題。子供は親を選べないんだぞ…

テストの結果はちゃめちゃだったから やり直しと調査依頼してたのに 俺がお客さんと話してる隙に帰りやがった 〇すぞ
有意差検定…有意差検定とは、異なる複数のデータ間において見られる差が統計的に有意であるか否かの検定を行うもの。 全体的な傾向というよりは、あくまでもその調査、テストでの結果としてとらえる。
<8/26(土) ミニライブ&トークショーについて> ◆衣装は浴衣となります🎐 ◆一般発売が開始しました🎫 ◆トークショー 「CUBERS夏の一斉学力調査」と題して事前に学力テスト行います メンバーの解答結果を見ていきます🤗 当日は綾介の誕生日! 是非お待ちしております🎶

親の年収が高ければ高いほど、子供の学力テストも高くなるという調査結果が話題。塾へ通わす経済力などが反映されたとみられ、格差を心配する声も。

中略
さて、現在の日本ではどのような子どもが塾に通えるのだろうか。もとより塾は学校外教育の私立校なので学費を払わなければならない。義務教育である小・中学校において公立学校に通えば授業料を収める必要はないが、塾通いは家計にとって経済的な負担増になる。このことは通塾率に影響があるのだろうか。

その前に親の年収と子どもの学力との関係を知っておこう。文科省が実施した全国学力テストの結果を、親の年収別に小学校6年生の国語と算数の正答率で見ていこう。

この調査からわかるのは、親の年収が高い児童ほど高い学力を持っていることと、国語よりも算数にその効果がやや強いということ、最低の学力と最高の学力を持っているのは、親の年収の最低(すなわち200万円未満)の児童とそれが最高(すなわち1500万円以上)の児童であり、その差は国語でおよそ20点弱、算数で20点強ということである。

子どもの学力というのは本人の能力と努力にも依存するので、親の年収だけで必ずしも決まるものではないが、親の年収差によって子どもの学習環境に違いが生じることは当然のこととして想定できる。そのひとつが塾である。
http://toyokeizai.net/articles/-/179582?page=2

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/08/19(土) 14:28:44

      有意差検定…有意差検定とは、異なる複数のデータ間において見られる差が統計的に有意であるか否かの検定を行うもの。 全体的な傾向というよりは、あくまでもその調査、テストでの結果としてとらえる。

    2. 匿名希望
      2017/08/19(土) 14:28:44

      テストの結果はちゃめちゃだったから
      やり直しと調査依頼してたのに
      俺がお客さんと話してる隙に帰りやがった

      〇すぞ

    3. 匿名希望
      2017/08/21(月) 02:10:48

      <8/26(土) ミニライブ&トークショーについて>
      ◆衣装は浴衣となります🎐

      ◆一般発売が開始しました🎫

      ◆トークショー
      「CUBERS夏の一斉学力調査」と題して事前に学力テスト行います
      メンバーの解答結果を見ていきます🤗

      当日は綾介の誕生日!
      是非お待ちしております🎶

    記事に戻る

関連記事