2016年後半から2017年前半にかけてもっとも利用されたプログラミング言語ランキングが発表される

no title

JetBrainsの開発者調査結果などを元に集計した「2016年後半から2017年前半にかけてもっとも利用されたプログラミング言語」が話題。JavaScriptが1位だったという。

掲載されているプログラミング言語順位は次のとおり。

JavaScript (65%)
HTML/CSS (60%)
Java (47%)
SQL (42%)
Python (32%)
PHP (30%)
C# (20%)
C++ (17%)
C (15%)
TypeScript (12%)
Ruby (10%)
Swift (9%)
Go (8%)
Objective-C (7%)

http://news.mynavi.jp/news/2017/07/15/120/

Over 5,200 developers share their insights on modern technologies, programming languages,

続きを読む

関連記事