AIが仕事を奪うのは知的労働者から。肉体労働はセーフか

no title

シンギュラリティは、 単純労働の人間から雇用を奪うと思われがちだが、これは誤解であり、知的労働者こそが淘汰の対象になるという。

コンピュータが人間の能力を超える――「シンギュラリティ」(技術的特異点)が2045年に訪れるといわれている。

そんな中、ソフトバンクロボティクス事業推進部の吉田健一本部長は、同社のロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」(11月21~22日)の基調講演で、「シンギュラリティは単純労働に影響をもたらすと思われているがそれは誤解だ」と述べた。

よく「AI(人工知能)は人の仕事を奪うか」という議論があるが、その議論の際真っ先に出てくるのが「単純労働はロボットやAIに代わる」という話だ。吉田さんは「単純労働に影響をもたらすのではない。ファンドマネジャーや医者、弁護士といった知的生産物を創造する『ナレッジワーカー』にこそ影響する」と話す。

具体的には、患者のサポートを行う看護師の価値は上がるが、ドクターの判断は必要なくなるという。逆に、肉体労働や職人仕事、介護といった仕事はしばらくの間なくならないと予測する。

理由は、人間の肉体作業をロボットで行うのはかなり難しいため…

続きはソースで
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/22/news136.html

続きを読む

関連記事