Googleに学ぶ「脳にやさしい」プレゼン術。箇条書きのスライドはもう古い!

会場が騒然するくらいに高校生のプレゼンが上手い。スライドだけではなく、そこにしっかりと思いが加わり、立体的なプレゼンになってる。素晴らしい。 #ふろぷろ
そう、プレゼンは明日なのである しかしスライドはまだできていない
【プレゼン準備」をモードごとに分解】関連資料をウェブで探す(ブラウザ操作) 関連資料を集める(アナログ作業) アウトラインを考える(アナログ作業) アウトラインをまとめる(思考) アウトラインをPowrpointなどに書き入れていく(アプリ操作) スライドを用意する(アプリ操作)
プレゼン資料でアニメーション効果を使うと強調したい部分を際立たせることができます。 しかし一枚のスライドに多くのアニメーションを設定してしまうと、どこが強調したい部分かわからなくなってしまうので、アニメーションは本当に強調したい部分にのみ使うようにしましょう。
まあ、何かと文字が増えていく傾向にあるよね。 プレゼンのスライド数も
プレゼンで聞き手の注意を発表者に集中させる方法としてブラックアウトがあります。これはプレゼンの中で意図的にスライド全面を黒にすること。スライド表示中にキーボードの「B」ボタンを押すと、表示されていたスライドの画面が黒くなります。もう一度「B」を押すと元のスライドが表示されます。
セミナーの声:プレゼンに使うスライドの作成の方法、考え方がわかった。説得力があり、矛盾のない資料を作るのが大変なことがわかった。
PowerPointのインスタントウィザードにはプレゼンのシナリオのモデルが5〜10枚程度のスライドで用意されています。適当なものを選び、画面が表示するままに文章を入力すればプレゼンを手軽に作ることができます。しかし、安直なプレゼンという印象を与えることもあるので注意しましょう。
伝わるプレゼンの為に必要な3つのこと。プレゼンでメッセージを伝えるためには、見やすく分かりやすいスライドが不可欠。そしてそのとき必要なのは(1)「写真を上手に活用する」こと、(2)「データの見せ方を工夫する」こと、(3)「動画を使ってより分かりやすく伝える」ことの3つです。
プレゼンの!スライド作りが!終わりません!死
完徹するのとかいつぶりだよ。 なおプレゼンスライドは全く進む気配を見せない。。
はじめに言葉ありきと旧約聖書創世記に出てくるが、某業界では、まずパワポスライドありきである。スライドさえ作ってしまえば、セールスもプレゼンもメイン商品開発もWEBセールスも客寄せ商品開発もなんとかなる。スライドを読み上げて音声にすれば、それでpodcastやMP3データ提供も可能
タッハッ!!!!(プレゼンの時間に他人のスライドを見て発狂奴←) ...なお、この後空気が凍りついたのは言うまでもない
基本的にスライドの基調色は寒色系を用いるのが良い 寒色系の色覚効果は「時間を短く」感じさせるためである 5分ほどの短いプレゼンであれば暖色系を用いることで「時間を長く」感じさせるといったことで印象を残りやすいように促すことができる
スライドに書いてあることを接続詞とか加えて読むだけのプレゼンって何の意味があるのかな?
「プレゼン」 意味:スライドを駆使し「こんな○○は嫌だ」というあるあるを披露するネタ見せの場 現状を否定するあるあるネタに加え「解決するならこう」「間違った解決法」とボケを畳み掛けることで笑いを生み出し高評価を受けやすい テレビでネタを披露する教授達は現役のプロ芸人の一面も持つ
プレゼン中にガヤガヤしてたらブチ切れそうな人で且つ捻くれてる人のスライドに見える
キング牧師についてプレゼンを行ったらスライドが白黒成分多めになるの分かりきってるんだよなあ…。
課題研究のプレゼンで微妙だったところのスライド軽くしてサラァ~って通して質問回避したって話したら母親に「私も自治会でそうやってる」って言われたしもはや遺伝
明後日のプレゼンのスライドはまだ全くできていないが、とりあえず明日の会議のための資料の準備をしている。明日からお盆前まで毎日会議がある。
用途によって違うし、そもそもそれが難しいんだけど スライドの発表じゃなくて、プレゼンの資料としてあくまで使うっていう、使い方をしたい
mtnのプレゼン、スライド6枚作ってそれくっつけようと思ったけど大丈夫かな…
パワーポイントの標準表示で「アウトライン」タブをクリックすると、スライドのタイトルを一覧して編集できます。プレゼン資料を作成するときには、アウトラインを表示して全体の流れを決めることから始めると効率的です。
頑張って作ったプレゼンテーションのスライド、発表終わってから、見にくいとかここの情報が足りないとか、いろいろ貶されて1番最後にでも面白いプレゼンでしたって言われたけどなんにも嬉しくないわ
プレゼン資料では、イラストを上手に活用しましょう。聞き手の理解を助けるだけでなく、プレゼン全体を良い印象のものにすることができます。 しかし、その場合、全スライドを通して同じような印象のものを選びましょう。漫画的なイラストとリアルな絵を混ぜて使うと散漫な印象を与えてしまいます。
作成したスライドをスライドショー形式(.ppsx)で保存することができる いちいち編集画面がでる煩わしさが解消され,プレゼンにスムーズに移行できスマートである
他の班員は何もやってなかったわけではなくてグッズ製作してくれるところ探したりプレゼン用のスライドを作ってたりしてたから!
七瀬一真はパワポ使いこなせなくて虹色ワードアート(ポップ体)でクソダサいスライドでプレゼンしそう

Googleのシニアマネージャーや上級幹部によると、視覚的なストーリーテリングは、メッセージを伝えるうえで重要な役割を果たすそうです。そのため、Googleは、より大胆で新鮮なスタイル、すなわちテキストが少なくビジュアルの豊富なプレゼンテーションを行うトレーニングを受けています。

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/07/23(日) 14:59:22

      会場が騒然するくらいに高校生のプレゼンが上手い。スライドだけではなく、そこにしっかりと思いが加わり、立体的なプレゼンになってる。素晴らしい。
      #ふろぷろ

    2. 匿名希望
      2017/07/23(日) 14:59:22

      プレゼンの!スライド作りが!終わりません!死

    3. 匿名希望
      2017/07/23(日) 14:59:22

      伝わるプレゼンの為に必要な3つのこと。プレゼンでメッセージを伝えるためには、見やすく分かりやすいスライドが不可欠。そしてそのとき必要なのは(1)「写真を上手に活用する」こと、(2)「データの見せ方を工夫する」こと、(3)「動画を使ってより分かりやすく伝える」ことの3つです。

    4. 匿名希望
      2017/07/23(日) 14:59:22

      PowerPointのインスタントウィザードにはプレゼンのシナリオのモデルが5〜10枚程度のスライドで用意されています。適当なものを選び、画面が表示するままに文章を入力すればプレゼンを手軽に作ることができます。しかし、安直なプレゼンという印象を与えることもあるので注意しましょう。

    5. 匿名希望
      2017/07/23(日) 14:59:22

      セミナーの声:プレゼンに使うスライドの作成の方法、考え方がわかった。説得力があり、矛盾のない資料を作るのが大変なことがわかった。

    記事に戻る

関連記事