@includeの中のcalc()の中で変数を呼び出したい

メンバー変数に++/--演算子を使うと無視されるなんてのを修正中。今のところ変な動作をしたら確実にコンパイラが悪い状況。逆に言うとNeon Lightの言語で書いたコードにバグを出したことはほとんど無い.. orz
三番目に触ったのはExcelのVBA。簡単なゲームを作ったり、ゲームのソースコードを真似て書いてみたりと、一時期遊んでいた。父と一緒に少し遊んだ気もする。多分中2くらいの時。この間、仕事で使って懐かしさを感じた。変数の宣言はDimだったなぁとか。親父のことも思い出したりした。
ELSE IFの数だけEND-IFがないとコンパイルエラー 囲まれた中にピリオド打つとコンパイルエラー 組み込みSQLの中にホスト以外の変数使うとコンパイルエラー 気難しい…
関数の型の宣言と定義、変数の定義このあたり、それなりにやればできるらしいけど…やっぱりヘッダの中にちゃんとした定義、宣言を、した上で使いたいの…
Dockerfileをいじらずに環境変数ブチ込むには中の.profileとか弄る必要あるか…捨てるコンテナであれば…
新スタイルクラスから導入されたプロパティと__getattr__や__setattr__との違いは、プロパティはあらかじめ指定した属性にのみ適用される。プロパティも実はオブジェクトの一種で、使用するにはクラスの中で返り値を対象の変数(機能させる変数)に代入しなくてはならない。
頭ごなしの机上の空論 首から下が空中分解 鉛で紡ぐ将来設計 論争のファンタジー 耳を澄ませばここだけの話 実はあの子はモノクロパペット 心の中で飼い慣らす主人 変数のシンフォニー (アブストラクト・ナンセンス/鏡音リン) 【DAM】
耳を澄ませばここだけの話 実はあの子はモノクロパペット 心の中で飼い慣らす主人 変数のシンフォニー
項に定数しか含まない節の場合には他の節を参考にしますが、変数項をもつ節の場合にはその節の中だけで解析できますから、そのあたりをより分けながらの解析になりそうです。
プログラミング中の途中結果の確認で変数名やメッセージを表示させたりするときにとりあえず "hoge" って書くことが多いけど、今後は "nya-n" にしようと思う。
変数ロンダリングという技術がある。これはサブルーチンに投げた引数をそのサブルーチンの中で別のローカル変数に格納し、それをさらに別のサブルーチンに投げるなどしてデータの出自をわかりにくくする叙述的記法で、ソースコードに深みを与えることができる。
計算をマクロの中で完結させると実行時の変数の値を参照できないことに気がついてしまった

これを

.hoge {
  height: 32px;
  min-width: 32px;
  @include css3(border-radius, 16px);
}

↓こうしたい場合

$size: 32px;
.hoge {
  height: $size;
  min-width: $size;
  @include css3(border-radius, $sizeの半分);
}

@include の中で calc() を使ってこう↓書いてもだめで、

.hoge {
  height: $size;
  min-width: $size;
  @include css3(border-radius, calc( $size / 2));
}

@include の中で calc() を使うならこう↓書くといいみたい

.hoge {
  height: $size;
  min-width: $size;
  @include css3(border-radius, calc( #{$size} / 2));
}

一年に一回ぐらい検索してる気がするのでメモ。。。

[紹介元] CSSタグが付けられた新着投稿 – Qiita @includeの中のcalc()の中で変数を呼び出したい

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/09/14(木) 14:02:08

      メンバー変数に++/–演算子を使うと無視されるなんてのを修正中。今のところ変な動作をしたら確実にコンパイラが悪い状況。逆に言うとNeon Lightの言語で書いたコードにバグを出したことはほとんど無い.. orz

    2. 匿名希望
      2017/09/14(木) 14:02:08

      変数ロンダリングという技術がある。これはサブルーチンに投げた引数をそのサブルーチンの中で別のローカル変数に格納し、それをさらに別のサブルーチンに投げるなどしてデータの出自をわかりにくくする叙述的記法で、ソースコードに深みを与えることができる。

    3. 匿名希望
      2017/09/14(木) 14:02:08

      プログラミング中の途中結果の確認で変数名やメッセージを表示させたりするときにとりあえず “hoge” って書くことが多いけど、今後は “nya-n” にしようと思う。

    4. 匿名希望
      2017/09/14(木) 14:02:08

      項に定数しか含まない節の場合には他の節を参考にしますが、変数項をもつ節の場合にはその節の中だけで解析できますから、そのあたりをより分けながらの解析になりそうです。

    5. 匿名希望
      2017/09/14(木) 14:02:08

      耳を澄ませばここだけの話 実はあの子はモノクロパペット
      心の中で飼い慣らす主人 変数のシンフォニー

    記事に戻る

関連記事