USB Type-Cの覇権確定のお知らせ。DisplayPortコネクタはオワコンに、ビデオエレクトロニクス規格協会が示唆

26

VESA(ビデオエレクトロニクス規格協会)は、「DisplayPort」にについて言及した。USB Type-Cが主流になるという。

中略
現行規格であるDisplayPort 1.4に関する技術的なアップデートやAlternate Mode、適合性試験などについて現在の状況を説明した。

DisplayPort 1.4は2015年2月23日にリリースされた規格であり、4レーン中1レーンあたり8.1Gbpsの転送レートを持つHBR3に対応。また新機能として、データ圧縮機能の「Display Stream Compression(DSC)」もあり、これによって8Kでの60Hz出力が可能に。このほかにも、前方エラー訂正機能「Forward Error Correction(FEC)」、1出力からのマルチディスプレイを可能にする「Multi-Stream Transport(MST)」などが取り込まれている。

チョート氏は、現在DisplayPort 1.4は適合性試験の開発が進行中であり、これにはHBR3、DSC、FEC、HPD(ホットプラグ検知)が含まれている。さらに、リンクレイヤーや物理層の適合性試験に関するドキュメントもアップデートされ、今年(2017年)の後半には発行予定としている。

また、USB Type-CにおけるAlternate Modeについても言及。VESAはUSB IF(Implementers Forum)とともにUSBとDisplayPortの相互運用性を担保する適合性試験を開発しており、互換性を高めているという。

チョート氏は現在のスマートフォンやスリムなノートPCにはMini DisplayPortは大きすぎると述べており、今後モバイルの世界ではAlternate Mode対応のUSB Type-Cが主流となり、Mini DisplayPortはフルサイズのDisplayPortも含めて少なくなっていくだろうと語った。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1066030.html

続きを読む

関連記事