WebサーバにWordPressのインストール

ESXiの資産管理サーバのエクスポートがおんもい...! 1%から全然進まない。複製諦めて、この物理サーバは破棄。SSDの別サーバにクリーンインストールした方が早いかも🐰☁️
slをサーバにインストールしているやつは何をしてもダメ
1.73以前のバージョンを使うことで、解凍後のファイルが悪意のあるファイル実行やマルウェアに書き換えられる恐れがあるとのこと これはサーバ管理者とか関係なしに一般ユーザでも起きうる自体なので インストールしている人は至急アップデートしよう!
(*・ω・)後輩にサーバのOSインストール作業を依頼する際の指示が「GNOMEデスクトップに開発ツール入れといてw」だけのわいwwwwwとりあえず、やってみれの精神w
サーバ借りてCentOS初期設定して、ミドルインストールとかセキュリティ設定するのに比べたら、フロントの構築なんて微々たるもんだろ… そんくらいやってくれや…
アンインストールしてもデータはあっちのサーバにあるから逃げられない
久々に仮想サーバにLinuxインストールしてBINDとかPostfixのお勉強やってました。今さらって感じだけど、ここ一年触ってなかったから設定の勘所とか忘れててリハビリには調度よかった。
昨日のセットアップ中に認証トラブルが発生した。 マイクロソフトとシマンテックの認証サーバに接続出来なくてインストールの完了に障害が出た。 夜になって再実行すると両方共問題なく認証出来た。 しばらく、トラブル情報に注目しようとおもう。 #認証トラブル
F-02Fに有料版DiXiM PlayをインストールしてもREGZA 42J8のDRは再生できない。 有料版DiXiM PlayはDLNAサーバにトランスコード配信を要求しているようだ。
業務向け知識拡充のため、F社の格安IAサーバ買ってきてESXi上に各種OSをインストール。 ついでにNASも立ち上げますかね。
<i:罪状その3>  <d:アングラで出回っている偽装した身体データを生成し送信するDummyMeなる医療分子をWatchMeに対し真正直であるべき身体にインストールしサーバに送信する身体状況を正確なデータとすり替えて健康そのものな偽の状態を健康コンサルのサーバに送りつけました>
ネトゲのデータちゃんはサーバー側に保管されてて クライアント側が破損しても 再インストールとかで正常にすれば データは消えませぬ サーバが死んだら察 ただ オプションとかはクライアント側だからそこは初期化されたり
唯一インストールを許可されなんとか機能的にも充足しているソフトを発掘したが過去バージョンじゃないとローカルマシンで動かないので共有サーバ上のバイナリを探す旅に出るとかね
サーバのPHPのバージョンを7.1にしてtwig2をインストールしたらsymfonyも入ったので、これも触りたいけど学習するのに時間がかかりそうだから今回は手を出さない。

WebサーバにWordPressのインストール

前回作ったRaspberryPi で作った無線Webサーバ(nginx)
WordPressをインストールしました。

1.wordpressのインストール

sudo su
apt-get install php7.0 php7.0-fpm php7.0-mysql php7.0-mbstring php7.0-intl mysql-server
cp /etc/nginx/sites-enabled/wp.conf /etc/nginx/sites-enabled/wp.conf.bk
vi /etc/nginx/sites-enabled/wp.conf
*********************************************
server{
        listen 80;
        server_name #サイトのアドレス;
        index   index.php index.html index.htm;
        root    /var/www/html;
        try_files $uri $uri/ /index.php?q=$uri&#38;$args;
        location ~ .php$ {
                root    /var/www/html;
                fastcgi_pass    unix:/var/run/php/php7.0-fpm.sock;
                fastcgi_index   index.php;
                fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME /media/usb0/sites/wp;
                include         fastcgi_params;
        }
}
*********************************************

cd /etc/php/7.0/cli/php.ini
cp /etc/php/7.0/cli/php.ini /etc/php/7.0/cli/php.ini.bk
vi /etc/php/7.0/cli/php.ini



# php.ini内のパラメータを設定
memory_limit=128M
cd /etc/php/7.0/fpm/pool.d
cp www.conf www.conf.bk
vim www.conf
php_admin_value[memory_limit] = 32M; #余裕がある人は64Mでもいいかも

service nginx restart
service mysql start

2.phpmyadminの設定

vi /etc/nginx/conf.d/phpmyadmin.conf
*********************************************
server {
        listen 80;
        root /var/www/phpmyadmin;
        index index.php index.html index.htm index.nginx-debian.html;
        server_name phpmyadmin.nekoberry
        location / {
                try_files $uri $uri/ =404;
        }
        location ~ .php$ {
                include snippets/fastcgi-php.conf;
                fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.0-fpm.sock;
        }
}
*********************************************

udo mysql -u root
grant all on . to 'phpmyadmin'@'127.0.0.1’ identified by 'password’;

cd /var/www/phpmyadmin/
sudo vi config.inc.php
*********************************************
/**
 * First server
 */
$i++;
/* Authentication type */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
/* Server parameters */
$cfg['Servers'][$i]['host'] = '127.0.0.1';
$cfg['Servers'][$i]['compress'] = false;
$cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword'] = true;
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'phpmyadmin';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'password';
$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';
MYSQL
mysql_secure_installation
*********************************************

cd /var/www/html
wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9-ja.tar.gz
tar xzvf https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9-ja.tar.gz
mysql -u root
CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8;
CREATE USER 'wordpress’@'127.0.0.1’ IDENTIFIED BY 'password’;
grant all on wordpress.* to 'wordpress’@'127.0.0.1’ identified by 'password’;
/q
mysql -u ユーザ名 -h 127.0.0.1 -p データベース名(例:mysql -u wordpress -h 127.0.0.1 -p wordpress)
wordpress

cp wp-config-sample.php wp-config.php
vi wp-config.php

※差分diff

root@usaberrypi:/var/www/html/wordpress# diff wp-config.php wp-config-sample.php
29c29
< define('DB_NAME', 'wordpress');
---
> define('DB_NAME', 'database_name_here');
32c32
< define('DB_USER', 'wordpress');
---
> define('DB_USER', 'username_here');
35c35
< define('DB_PASSWORD', 'password');
---
> define('DB_PASSWORD', 'password_here');
38c38
< define('DB_HOST', '127.0.0.1');
---
> define('DB_HOST', 'localhost');
94d93
<

ブラウザ上で以下を入力し確認

IPアドレス/wordpress/wp-admin/install.php

WordPressの設定画面が出たら正解。

[紹介元] WordPressタグが付けられた新着投稿 – Qiita WebサーバにWordPressのインストール

  • コメント

    1. 匿名希望
      2018/01/17(水) 23:28:39

      ESXiの資産管理サーバのエクスポートがおんもい…!
      1%から全然進まない。複製諦めて、この物理サーバは破棄。SSDの別サーバにクリーンインストールした方が早いかも🐰☁️

    2. 匿名希望
      2018/01/17(水) 23:28:39

      slをサーバにインストールしているやつは何をしてもダメ

    3. 匿名希望
      2018/01/17(水) 23:28:39

      1.73以前のバージョンを使うことで、解凍後のファイルが悪意のあるファイル実行やマルウェアに書き換えられる恐れがあるとのこと
      これはサーバ管理者とか関係なしに一般ユーザでも起きうる自体なので
      インストールしている人は至急アップデートしよう!

    4. 匿名希望
      2018/01/17(水) 23:28:39

      (*・ω・)後輩にサーバのOSインストール作業を依頼する際の指示が「GNOMEデスクトップに開発ツール入れといてw」だけのわいwwwwwとりあえず、やってみれの精神w

    5. 匿名希望
      2018/01/17(水) 23:28:39

      サーバ借りてCentOS初期設定して、ミドルインストールとかセキュリティ設定するのに比べたら、フロントの構築なんて微々たるもんだろ…
      そんくらいやってくれや…

    記事に戻る

関連記事