この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


パナマ文書はカジノ資本主義到来の胎動 第三次世界大戦まであと少し

2016年5月10日にパナマ文書がデータベース化されて、ネットから検索ができるようになりましたね。
今どうなっているのか? そして今後どうなるかについて書いていこうと思う。

まず、日本からは約900件が公開された。日本国籍での検索なので日本国籍を有している、という条件での検索結果だ。国籍を偽っている人もいるだろうから、もっと多いと予想される。

Find out who’s behind almost 500,000 offshore companies and trusts from the Panama Papers

Browse by country Japan ICIJ Offshore Leaks Database

お隣の中国関連は約2.8万件、香港だけで約2.1万件となっている。
こうしてみると、ある程度稼ぎのある人のほとんとが、タックス・ヘイブンを使って納税を回避している、ということがよく分かる。

MIURA JUN ICIJ Offshore Leaks Database

これについて日本のマスコミはどう反応したかなんだけれど、新聞最大手の読売新聞は匿名で報道するとしている。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20160510-OYT1T50007.html

テレビ報道も控えめな印象だが、日本はなぜパナマ文書について無視し続けるのか?
理由は利権がらみなのは明らかで、例えば楽天、ソフトバンク、電通などはテレビCMの大手スポンサー&フィクサーなわけで、彼らを怒らせてまで世論に問う精神を持ち合わせはいないわけだ。
民進党がパナマ文書の調査チーム設置したとあるが、これもきっとブーメランで返ってくることが予想される。

一方で、パナマ文書の流出元になった法律事務所「モサク・フォンセカ」、そしてそれを公開したとそれるICIJが訴訟されると報じられている。きっと両者で争われるのだろう。

流出したセレブ3 流出したセレブ2 流出したセレブ1-2 流出したセレブ1

恐らくは海外も国内のマスコミも、内部に患部を抱えたままでの報道は難しく、下火になっていくと予想される。
その反面、一般市民らによる公表された人物へのリンチは増していくだろうね。
住所まで載ってちゃってるから。これが一番怖い。
夏にかけて有名セレブの何人かは殺されるかもしれない。

日本では根拠がない、ということで調査も有耶無耶になるのだろうが、水面下ではきっちりマルサが動いて今年の秋には各社大変なことになるのではないだろうか。ちょっとした騒動が起きそうだ。

で、問題は来年だ。マルサによる税務調査においてもタックス・ヘイブンの抜け穴を指摘できず、合法となった場合、どうなるのか?
つまり、タックス・ヘイブンを取り締まることができない場合はどうなるか? というと、当然富裕層や大手企業以外でもタックス・ヘイブンを利用できて合法であることが分かるわけだから、空前の租税回避ブームが起きるかもしれない。ふるさと納税なんて目じゃないよね。

ライバルが租税を回避することに成功すれば、それだけサービスや製品を安く提供できるわけで、節税対策で不利な分、勝ち目はない。
日本では依然としてグレーでも海外でタックス・ヘイブン仕方なしの空気となってしまった時が恐ろしい。

そして、それは同時に資本主義社会で期待されているトリクルダウン理論の崩壊を意味する。
稼いだ人はたくさん納税し、稼いでいない人はそれなりに納税し、負担を平均化して社会的格差をなくそう、というのがトリクルダウン理論だったよね。
では、それが破綻すると、どうなってしまうのか? ネットで出回っているこちらの図がとても分かりやすい。

IMG_6066 IMG_6067

2016年5月12日のMONEY VOICEの記事が面白い。

▼日本の大マスコミが報道しない「」暴露、本当のタブー=吉田繁治

日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治

「マネーがマネーを作る」ということが分かりにくいかもしれません。実例を言います。例えば株に1兆円の投資をします。これは1兆円の株を買うことです。株価は、売りより買いが多ければ、上がります。

株価が30%上がれば、投資した1兆円は、1兆3000億円に増えます。これが「マネーがマネーを作る」ことです。金融のキャピタルゲインは、買うお金を増やすことで「作ること」ができるのです。
(注)安倍政権も、GPIFの資金で、株価を上げ「マネーがマネーを作る」ことを行っていますが、2016年にはそれが剥がれています
(紹介終わり)

「マネーがマネーを作る」というのは、と呼ばれるものだ。
お金はそもそも、それを保証する金=で成り立っている。
金本位制とは、金を通貨価値の基準とする制度で、中央銀行が、発行した紙幣と同額の金を常時保管し、金と紙幣との兌換を保証するというもの。

関連記事