この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


どんな業種でも10年稼げる究極の方法 その8 ウェブショップとテキストコンテンツは共存し辛い

前回は、ウェブショップが儲からない=コンテンツが少ない、という話をしました。
これはどういうかというと、一般的なウェブショップというのは商品を売ることが主体であり、テキストが主体ではありません。

また、色違いや大きさ違いといった類似の商品をたくさん扱っていたりします。
するといくらテキストが検索エンジンにヒットするからといっても、類似の商品ページに似たようなテキストを流しこんでいくと、検索エンジン的には短文の同じ内容をコピーしたスパムサイトに見えなくもないのです。

もし同じ商品を扱うショッピングサイトがたくさんあって、メーカー提供のテンプレ的なテキストをただ使っているだけであれば、さらにスパムと見られる可能性は高まります。
質の低いコンテンツページばかりあるサイトを検索エンジンは嫌います。

オリジナルのショッピングカートシステムは別かもしれませんが、大抵のショッピングカートシステムというのは、商品を見栄え良く陳列し売ることが目的です。
コンテンツベースの検索ユーザー視点と商品の充実度重視の買い物ユーザー視点は、ショッピングサイトという空間では中々共存し辛いのです。

では、ウェブショップはダメか? というとそうではありません。
自分で自分の商品を宣伝して売った方が利益になることは確実です。
問題は人を呼び込むためのテキストコンテンツとの共存が難しいのです。

関連記事