この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ポケモンGOに見るARワーク、リモートワークの可能性

先週日本でも配信されたスマホアプリの「ポケモンGO」ですが、任天堂の株価が爆上げしてすごかったですね。
その後、爆下げしたわけですが、リリース前に仕込んでおいて売り抜けた人はおめでとうございます!

私も日本配信を受けて「ポケモンGO」をダウンロードしてやってみました。
基本的にはGoogleのIngressと同じようなもので、ポータルの代りにポケストップという神社とかお寺、公園といったパブリックな名所? を探訪しながら、たまに出現するポケモンを捕獲して、育成して戦わせるというゲーム。
最終目標はポケモンを全てコンプリートして図鑑を完成させること。
Ingressと似ているのはGoogleのIngressを開発したチームが開発を担当しているからです。

ポケモンGO ポケモンGO

ゲームの内容の判断はみなさんにお任せするとして、注目したいのはこれほどまでにユーザーをAR(拡張現実)の世界に自然と引き込んだサービスはない! ということなんだよね。
今までARというとハコスコやなんちゃってAR動画ばかりで、イマイチだったんだけれど、ポケモンGOは現実の世界とネットをうまく融合して、ユーザーを家の外に出すことに成功した。ゲームの内容より、すごく大事なことなんだよね。

今までスマホというか、モバイル端末で、これほどまでに、全世界的に同時に同じ目的でユーザーを動かしたことはないんだよね。
でも、できるということが分かった。ということは当然遊びから発展して、ビジネスにも結びつく。
いわゆるARワークとかリモートワークの可能性だ。

ポケモンGOの収益はアプリ課金なんだけれど、マクドナルドがポケモンとコラボしてポケストップを提供する周辺ビジネスも登場している。
ポケモンGOの最大の課題は「中期ゴールの欠如」と言われている。
「ポケモンコンプ」までの道のりが長すぎて、そろそろ飽きてきたユーザーが出てくる頃だろう。
この辺、改善の余地があるとしても、アプリによって世界中の人間を動かすことができることが実証されたのは大きい。

こういったARアプリが、どうビジネスとして既存の店舗と結びついていくかが気になるところだ。
きっとポケモンGOの成功によって、アプリで指示を与えることでユーザーを動かし、その報酬を与える、というARワークが流行るのではないかと思う。

関連記事