グーグルの牙城を崩せるか? 「Like」ボタンの秘めたパワー

こんな記事がリリースされて話題になっている。

ロンドン(CNN) フェイスブックが先週発表した機能のひとつ「Like(いいね)」ボタンは、ハイテク業界に衝撃を与えた。

この「Like」ボタンをウェブページに導入すると、ボタンを押したユーザーのフェイスブックのページにそのサイトの更新情報が掲載される。ボタンを導入したサイト側は、フェイスブックを介して自分たちのサイトへのトラフィックを増やすことができる。

フェイスブックは、このLikeボタンを「ソーシャルリンク」として発表した。特定のユーザーに関連している点で通常のリンクよりも優れているというわけだ。しかし、このLikeボタンの普及はグーグルにとっては不利な状況だ。というのも、グーグルのアルゴリズムは、サイト間のリンクをもとに検索結果の順番を決めているからだ。

フェイスブックは、ウェブページ間のリンクのオープンな仕組みに代わり、同社が管理する「ソーシャルリンク(Like)」を普及させようとしている。グーグルなどの検索エンジンはこれらにはアクセスできないため、ウェブをランク付けするうえでフェイスブックが最も有利な位置に立つことになる。当然、「オープンウェブ」の支持者らは、1社の企業がすべての個人情報や嗜好を蓄積することになると警鐘を鳴らしている。

しかし、事はフェイスブックの思惑通りに進んでいる。発表からわずか1週間で、5万ものサイトがフェイスブックの「Like」ボタンを導入したのだ。これにより、フェイスブックはウェブを体系化しやすくなる。

従来、グーグルの検索結果の最初のページに載ることが、そのサイトの価値の証明だった。そのため、サイトをグーグルの基準に適合させるためのアドバイスを行うサーチエンジン最適化(SEO)は一大産業となった。しかし、今後はフェイスブック向けの最適化がSEOにとってかわるかもしれない。

つまり、無機的なロボットによる巡回とアルゴリズムによるネットの格付けから、有人監視による有機的な繋がりが注目されているよ、という内容です。
有人監視による有機的な繋がりというとヤフーのサーファーによるディレクトリ型が思い出されますね。

人がいちいち内容をチェックして関連付けをしていく、というのが一昔前の主流でしたが、ブロードバンド環境以後、急増するネットユーザーと生成されるコンテンツ量を整理しきれなくなったことで、ロボット型と呼ばれる検索エンジンが一躍広まりました。
それがグーグルである、というのは皆さんご存知だと思います。

今やグーグルはアンドロイド携帯をリリースし、スマートフォン市場でも優位に立つほど、飛ぶ鳥を落とす勢いにまで成長しています。

株式時価総額は18兆円とも言われています。
マイクロソフトが10年で30兆円になったことを考えると驚くほど速いペースで成長している会社なのです。

その成長戦略を支えたのが、無機的なロボットによる巡回とアルゴリズムによるネット格付け、なのです。
それが今になって崩れるかもしれない、という予兆があるのです。
検索エンジンに検索された時に結果に表示されないことは、ネットには存在しないも同然、という風潮をよしとしないアンチ検索エンジンの動き。

その動きのもっとも活発なところが、ロボットが巡回できないクローズドなソーシャルサイトなのです。
具体的にはフェイスブックというサイトです。
このフェイスブックは要するにプロフィールサイトです。

「アメリカではフェイスブックで探しても見付からない奴は、相手にされない」とまで言われています。
人がなにかしら活動していれば、ネットにはその痕跡が残るはずだ、また残すべきだ、という発想なのでしょう。

日本ではまだ馴染みが薄いのですが、mixiのようなものと思えばいいでしょう。
ただ違いはフェイスブックは写真つきで実名公開を強く推奨していることです。
非常に実名性が高いのです。国民性として日本人は嫌がるでしょうね。

このフェイスブックに「Like(いいね)」ボタン機能が追加されました。 これは、ユーザーが自分で判断して良いと思ったものをなんでも共有できる、というものです。
mixiではマイミクという人と人との繋がりでしたが、Likeボタンは写真でも音楽ファイルでもサイトでもなんでもリンクができるのです。

ロボット型は主観をもっていないので、フェイスブックのLikeボタンのような芸当はできません。
長所は単にみんなが寝てても常にウェブを巡回して情報を集めて解析している、ということで、その信憑性はというと、やはり人の主観には敵わないのです。

むしろ、人の主観の集まりであるブログやウェブサイトのコンテンツを拾い集めてきて整理しただけの、コピーキャット(猿真似)でしかないのです。

今までは膨大な数のコンテンツの整理に成す術もなかったため、ロボット型検索エンジンに頼りっぱなしだったのですが、人々が「おやっ?」と思うコンテンツを発信する人自体がフェイスブックなどのソーシャルサイトに所属していれば、

必ず検索エンジンが感知する前に情報を広めることができるわけです。

そりゃそうです。最初から内部に存在して、内部から情報を広めるのだから。
わざわざロボットの巡回を待つ必要がないのです。
フェイスブックが広く普及したことで、検索エンジンに頼らなくてもいち早く、しかも信頼できる魅力あるコンテンツを取得できるようになった、というのがこのニュースから分かります。

今後このLikeボタンがパワーアップして普及すると、もしかしてグーグルの牙城が崩せるかもしれません。
崩せるということは、グーグルのシェアが落ちた分だけ儲かるということです。
たった数パーセントでも数百億は儲かるのです。

検索エンジン分野では泣かず飛ばずのマイクロソフトは新検索エンジン「B-ing」での巻き返しは難しいでしょうから、フェイスブックの買収をグーグルと繰り広げる可能性は高いと言えます。

またこのビジネスモデルは簡単に真似できるので、各ソーシャルサイトが追従して同等の機能を付けるのは時間の問題です。
日本では楽天市場、ヤフーがやりそうですね。

携帯分野でもジオタグと連動してリアルでLikeボタン的な機能が実現できるかもしれません。 いやー面白くなってきましたね!

関連記事