Google Chrome Extention講座 第一回「なにができる? なにをやるの?」

Extention講座をスタートします。
プログラム系の講座です。久しぶりの講座ですが、見る人がいなければ途中で終わるかも? です。応援よろしくお願いします。
で、Google Chrome Extentionとはなにか? なんですが、Google Chrome「グーグルクローム」は分かると思います。
Googleが出しているブラウザですよね。

最近のブラウザはFireFoxもIEもプラグインというものが存在し、ユーザーが独自に機能を追加したり、拡張したりできます。
みなさんも自然と使っているはずです。
Chrome版が「Google 」や「Google アプリ」と呼ばれています。
これを作ってみよう、というのがこの講座です。

作り方なんですが、基本的にはHTMLとCSSとJavaScriptです。特殊な言語ではなく、テキストエディタで作れてしまいます。
これに加えてChrome独自のAPI機能を使ってユニークな機能を実装することができます。

例えば、今見ているウェブページのマウスカーソル下にあるフォント名を調べたり、ログイン画面に自動的にIDとパスワードを入力したりすることもできます。実例についてはGoogleウェブストアを見てもらうとこんなことができるのかと実感して頂けるはずです。

▼chrome ウェブストア

ブラウザに新機能を追加し、ブラウザ環境をパーソナライズできる簡易プログラムです。

技術的にはHTML5とCSS5とJavaScriptが使えるのでゲームなんかも作れてしまいます。さらにPHPやRubyとの連携や、XMLHttpRequestを使った通信ができるため、色々と制約はありますがかなり面白いことができます。本格的なブラウザゲームも作れるし、チャットや表計算ソフト、メールソフトも作れます。WindowsとMacでも動きますよ。
さらに有料ですが、ウェブストアに登録してシェアウェアとしてお金を稼ぐこともできます。

しかし、今回は自分が自分のために使うスタンドアローンを目指して作っていきます。
私としてはChrome Extentionでワードプレスと連携して面白いことができるのではないかと考えています。
お金の匂いがしますね(笑)

ただ問題はChromeのAPIの日本語ドキュメントがなく、書籍もなかったりします。全部英語です。なので私も何ができて何ができないのか多くは把握していません。それも既に公開されているアプリを見ながら調べて行きたいと思います。

最初に作るのはロボフォームもどきです。あっ作るのは次回からなのでご安心下さい。
ロボフォームはIDとパスワードを入力するシーンで、自動的に入力してくれる便利なものです。
いつもログインしているサイトに自動的にIDとパスワードを入力させると捗りますね。セキュリティ的な問題もありますが、最初としてはとっつきやすく実用的です。

これができるようになったら、例えば検索エンジンの検索フォームに自動的にキーワードを入力し、次のページをクリックして検索結果を取得していく、なんていうのも作れると思います。で、さらに自動クリック機能など単純作業をサポートしてくれる機能なんかもつけたいですね。
回を増すごとに変態的なものを作れれば幸いです←おいっ
続きます。

関連記事