この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


Google Chrome Extention講座 第三回「見ているページのリンクを全て取得する」

Extention講座 第三回「見ているページのリンクを全て取得する」

前回は単にダイアログが開いて同じメッセージを表示するだけのつまらない拡張機能でしたが、今回はもうちょっと役に立ちそうなものに発展させます。

「script.js」を以下のように書き換えます。

$( function()
{
	//ページ内のa要素の数だけループする
	$( "a" ).each( function()
	{
		//a要素のhref属性を取得する
		var $url = $( this ).attr( "href" );

		//コンソール画面(Ctrl + Shift + Jキー)に表示する
		console.log( $url );
	});

});

ページを開いてそこに「<a>タグ」があればその数だけループします。
「<a>タグ」の「href属性」にリンク先が記述されているので、それを取得しコンソール画面に出力します。
リンクの数が非常に多い場合はダイアログにするといつまで経っても終わらないので、コンソール画面だけに出力しています。
コンソール画面はデバッグができる画面で、[ Ctrl + Shift + Jキー ] で開くことが出来ます。

こんな感じでリンク先URLが取得できるはずです。

コンソール画面に出力されたリンク
コンソール画面に出力されたリンク

関連記事