この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


SEOを使わない爆速アクセアップ術1 その3 ネットはリアルを侵食する

前回、検索エンジンはマスメディアに次ぐ第四の権力だという話をしました。
因みに第一から第三の権力はなにかというと、こうなっています。

第一は国民
第ニは国家機関(立法、行政、司法)
第三はマスメディア

となっています。

国民主権の国家であれば、選挙で政治家を選ぶ国民にもっとも権力があります。
ところが、検索エンジンの怖いところはネット上の膨大な情報を集めてそれら情報を整理したものをユーザーに提供するのですが、どのように情報を整理しているのかまでは明かしません。
また、明かしたとしてもビッグデータを我々が理解し処理できるわけではありません。

もしかして、検索エンジンがある情報にだけバイアスを掛けていることだってあります。
例えば、「検索エンジンは国家の脅威であり不要である」という世論が高まったとします。ユーザーがそのことについて調べたとします。この時、検索結果に不要論は小さく、必要論を大きくするバイアスが掛けられていたらどうでしょうか?

これは悪人に対して「あなたは悪人ですか?」と訊くようなものでまったく意味を成さなくなります。
そして、このようなバイアス(偏重)はほぼ完全犯罪となります。
なぜなら、今のところ世界中のどのコンピュータも検索エンジン以上に情報を持っていないためです。
今から集めても追いつけないのです。

関連記事