この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ついに発見!? 成功するネットビジネス 「日本のフラクタル企業を見習え」

前回、「成功するネットビジネスの核心は転売」だと述べました。
もう少し転売について詳しく説明します。

おさらいですが、日本で成功するには、日本という国が成功しているビジネスモデルを真似すればいい、という話をしました。
日本が成功しているビジネスモデルはなにかというと、何かを輸入して、それらに付加価値を付けて、国外に輸出をする、という転売ビジネスです。

例えば、日本の基幹産業は基礎素材型産業(ガラス、化学繊維、化学樹脂等)から加工組立型産業(自動車、精密機械等)まで非常に多岐に及びます。
ここで一つずつ挙げるにはきりがないですが、それが日本の特徴であり、長所なのです。

その中でも特に基礎素材型産業が日本の基幹産業だと思います。
それは知識集約型産業であり、なおかつ外国と競合する分野が加工組立型産業と比して、相対的に低いからです。

例えば、半導体や液晶テレビ等でアジアNIEs(韓国、台湾企業)の躍進が目立ち始め、もう久しくなりますが半導体や液晶テレビ等の生産コストの6~7割を占める中核部品(偏光フィルム、カラーフィルター、透明樹脂フィルム、ガラス基盤、着色レジストやシリコンウエハー等)はほとんど日本メーカーからの輸出なのです。
だから対韓国、対台湾において貿易黒字が目立つわけです。

日本メーカー抜きではこれらの(LCD、PDPディスプレイや半導体、DVD基盤用樹脂、HDDの基盤用ガラス等多々あります)製品は製造できないといっても過言ではありません。

しかし、この産業はエネルギー消費型産業ですので原油価格の動向に影響する経営環境や、環境面での配慮が必要ですが、日本企業はこれをなんとかクリアして現在の好業績に至っています。それだけ利益が大きいわけです。
これからはロボット産業、太陽エネルギー産業が基幹産業になって行くと思われます。

話は戻ります。

上記のことを要約すると、繰り返しになりますが、日本は何かを輸入して、それらに付加価値を付けて、国外に輸出をする、という転売ビジネスをしているよ、ということです。

では、どのようにすれば転売ビジネスがうまくいくのか?
もっともイージーなのが「株式投資」でしょう。
株式は転売で成功している企業の株主になることができます。

関連記事