この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


図解 ブラウザPush通知をワードプレスに実装する方法

というわけで、前回から引き続き急遽ブラウザPush通知の記事です。
当然、ブラウザPush通知を「ワードプレスに実装したい!」ということになると思います。
自分で開発しなくても無料のサービスを利用してワードプレスに実装する方法を紹介します。

サーバー用意しなくてもブラウザPush通知が使えるサービスは検索すれば色々とあるのだけれど、一番進んでいるのは「Push7」だろうか。
Push7はワードプレスのプラグインも用意されているので、登録から導入までが非常にスムーズで、しかも開発用にAPIまで用意されている。

2016年4月現在では月に発信できる通知件数は5000件までという制限がある。
なので100人の購読者がいたら一斉に遅れるのは50回で、1000人なら5回までということだ。
取り敢えずは全然足りるだろう。

まずはPush7に登録をしよう。

▼Push7

Push7は、アプリを使わずにWebサイトから各種ブラウザやスマートフォンへプッシュ通知を送ることのできるWebサービスです。

[browser-shot url=”https://push7.jp/” width=”600″ height=”450″ href=”https://push7.jp/”]

登録をする前にpush通知を試してみたい人はトップページ下にある「Webプッシュ通知を試してみましょう」から試すことができる。
「①通知内容を決める」にメッセージを入れて [ 通知する ] ボタンを押すと通知の許可を尋ねられるのでOKすると画面右下のタスクトレイにメッセージが受信できるようになっている。

登録をしたらログインしてダッシュボードから「+アプリケーションを追加」をクリックして自分のサイトを登録する。

サイト名とサイトURLを入力し、アイコンも設定しておけば通知アイコンが自分のアイコンに変わる。

次に自分のサイトにあるコードをコピーする。
「アプリケーション設定」から「導入方法」タブをクリックする。
設置方法は「かんたん」を選択し、[1]でボタンの表示形式を選択したら[2]でコードが作られるのでコピーする。
これを自分のブログの好きな所に貼り付ければOK。

次にワードプレスからPush7を利用するためのAPIキーを取得する。
「自動プッシュ設定」タブをクリックする。
[2]でAPIキーをコピーする。

Push7側はこれで終わりだ。

関連記事