やる気商会~モチベーション屋~ 第十九回目 希少性と使命感

第十九回目は希少性と使命感についてです。

使命感は集団の密度に比例します。
集団の密度が低くなるにつれて一人当たりの使命感ば増大する傾向にあります。

例えば過疎地では集団密度が低く高齢者が多いため、相互互助性が顕著になります。
隣の心配をしないと、自分の心配は誰もみてくれないわけです。
つまり、希少性は使命感に通ずるわけです。

例えば、離島で医者が一人だけしかいなければ希少性が生まれ、自然と使命感へと繋がります。
自分がモチベーションを維持しなくとも、希少性のあるところへ行ったり、希少性のあることをすることで、自然と使命感が生まれ、やる気は高まります。

逆に自分がしなくても他人が自動的にやってくれるようなことやものについては、ゴミを道路にポイ捨てする若者のように、街を綺麗に保つという使命感は薄れる傾向にあります。

関連記事

  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2