やる気商会~モチベーション屋~ 第十六回目 リストマニア

第十六回目はリストマニアについてです。

なんでもかんでもリストを作っておくと現状が俯瞰でき、

今やるべきこと、やらなくても良いことが明確となりモチベーションが上がります。
リストを作る、という行為自体には生産性はありませんが、リストを作るという行為を通じて、リストが持つ隠れた意味を見つけることができます。

リスト化するためには、何かしらの手掛かりが必要となります。その手掛かりを軸に項目を作成していく必要があります。
例えば、「自分が好きな食べ物」という手掛かりを使うと、自分の好きな食べ物リストが完成します。

手掛かりをどのように見つけるかによって完成するリストは変わってきます。
さらに、手掛かりに手掛かりを掛け合わせることで、質と量が分かります。
例えば、自分の好きなものリストにそれを食べた高い回数や食べた日時、好きな優先順位などを付け加えることによって、リストの質量が変わってきます。

つまり、リスト化するという行為は現実世界を縮小圧縮化し、意識化できる、ということなのです。

例えば、今から15分以内にランチ営業をしている飲食店リストが頭の中にあれば、その中から選ぶことができます。逆に言えば、そのリストに載っていない飲食店というのは、現実には存在していても、その人にとってはアクセスが不可能だということで、存在しないも同じなのです。

リスト化をしていると、逆にどうすれば他人のリストに載りやすいか? 整理された時に残りやすいかの傾向が見えてきます。つまり、実際の努力をしなくても、リストにさえ載せることができれば、随分と労力が削減できるのです。電話帳やタウンページ、案内板に載せることは理に適っているのです。

例えば、恋人候補というリストにリストアップされたければ、自分のリスト化された情報を周囲に知らせておけばいいわけです。自分は独身だとか、年収はいくらで、どのような異性が好みなのか、という情報を整理して、リスト化されやすい状態で開示しておくと、リストアップされやすく声も掛かりやすくなります。

他人のリストにのりにくい情報は当然、リスト化されにくいので、存在が希薄な人となってしまいます。
これがビジネスだと存在を忘れられた企業ということになり致命傷ですね。

逆にリスト化されたくない場合は、例えば左手の薬指に指輪をはめておけば既婚者というフラグが立つので、余計な波風を立てずに済みます。

時間が少し余ったときには、紙ナプキンや携帯のメモ機能を使って、リストを作る習慣を心掛けることをお勧めします。

関連記事

  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2
  • ワードプレスで作るオートブログ講座2