【WordPress】 ポイントメンバーズ ポイントで記事が読める会員制ポイントサイトを作ることができメルマガ、ステップメール、新着メール、定期送信メールができるプラグイン

wp-pi_010

【WordPress】 ポイントメンバーズ ポイントで記事が読める会員制ポイントサイトを作ることができメルマガ、ステップメール、新着メール、定期送信メールができるプラグイン  (wp-pi_010)

販売価格(税込)
¥65,000
在庫状態 : 在庫有り

【概要】

会員だけが読める記事を作ります。記事はポイントを使って続きを読むことができます。ポイントがないと途中までしか読むことが出来ません。メルマガ、ステップメール、新着メール、定期送信メール機能があります。
自動ポイント配布機能、クリックポイント付与機能、簡易アフィリエイト機能、プレゼント機能付。

【動作環境】

PHP5.3系以上 WordPress3.x以上
動作確認サーバー エックスサーバー、ロリポップサーバー、wpxサーバー

【バージョン】

2016.02.15 v1.2.5 細かいバグを修正
2016.02.04 v1.2.4 ダッシュボードウィジェットのjquery読み込みタイミングを修正
2016.02.02 v1.2.3 welcartのログインをウィジェットログとして記録機能を追加
2016.01.23 v1.2.2 クリックポイントの対象としてwelcartのポイントを選べる機能を追加
2016.01.13 v1.2.1 簡易アフィリエイト機能を追加
2016.01.08 v1.2.0 メールテンプレートをファイル読み込みと設定画面から直接記述に対応
2015.12.30 v1.1.9 ソーシャルログイン登録にTwitter、Facebook、google+からのログインを実装
2015.12.18 v1.1.8 ダッシュボードにログをウィジェットとして表示する機能を追加
2015.11.06 v1.1.7 シングルスケジュールモードの時間被りによるcron実行時のロック問題を修正
2015.10.31 v1.1.6 プレゼント応募機能を追加
2015.09.19 v1.1.5 プラグイン休止機能を追加
2015.09.19 v1.1.4 サードパーティプラグインのWelcartの会員宛にメルマガを送信できる機能を追加
2015.09.21 v1.1.3 ポイントレートの適用範囲を選択できる機能を追加
2015.09.19 v1.1.2 メール送信時の振り分けバグを修正
2015.09.09 v1.1.1 クリックポイント機能を追加
2015.09.09 v1.1.0 フリータイムスケジュール機能を追加
2015.09.02 v1.0.9 ダッシュボードに稼働概要ウィジェット機能を追加
2015.08.31 v1.0.8 メール送信の方法をシングルスケジュールイベントで処理する機能を追加
2015.08.31 v1.0.8 メール送信ログの不具合を修正
2015.08.28 v1.0.7 ショートコードによる会員登録機能を追加
2015.08.27 v1.0.6 会員登録時に個別にステップメールを指定できる機能を追加
2015.08.19 v1.0.5 ポイント使用時ダイアログの消費ポイント表示をプレイスフォルダに修正
2015.07.29 v1.0.4 ポイント計算の数値型の解釈による違いを修正
2015.07.09 v1.0.3 ポイントエフェクトでユーザーごとに個別にレートを指定できるポイントレート機能を追加
2015.06.02 v1.0.2 ブロック記事内の文字列を部分的に伏せ字にできるショートコードを追加
2015.03.03 v1.0.1 管理画面の機能強化
2015.02.19 v1.0.0 各種メール機能を実装。
2014.09.04 v0.8.0 リリース。

【ブロック記事の作り方】

1.投稿画面で「記事をブロックする」のメタボックスで「この投稿をブロックする」にチェックを入れます。
2.記事本文にビジュアルエディタから「続きを読む」タグ(<!–more–>)を挿入します。
3.会員ログインをしていないか、ポイントがない場合は「続きを読む」で指定した以降の文章が読めなくなります。
4.ログインしていてポイントを持っていれば、ポイントを使って記事の続きを読むことができます。
5.一度読んだ記事はデータベーステーブルに保存され、無料で読むことが出来ます。
6.「記事をブロックする」のメタボックスでは個別に閲覧ポイントを設定することができます。通常は1ptですが、半角数字を入力すると任意のポイントが必要となります。

【新着メールの使い方】

投稿の編集画面で「送信準備」のメタボックスで「送信の準備ができたらチェックして下さい」にチェックを入れて、投稿を公開すると自動的に新着メールとして扱われます。
新着メールが送信されるタイミングは管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ スケジュール設定 ] を開き「新着記事通知間隔」で設定できます。
新着メールを受け取る会員は管理画面のダッシュボードにある「新着記事通知カテゴリ」のメタボックスの中で選択したカテゴリのみとなります。管理者には送信されたメールのコピーが届きます。

【メルマガの使い方】

管理画面の左サイドメニューの [ メルマガ作成 ] → [ 新規追加 ] を選択します。
メルマガの内容は通常の投稿記事を作るのと一緒です。
送信されるタイミングは「送信準備」のメタボックスで「送信の準備ができたらチェックして下さい」にチェックを入れて保存をするとすぐに送信されます。公開ステータスは公開以外でも「送信の準備ができたらチェックして下さい」にチェックを入れることで送信されますのでご注意下さい。
公開ステータスを「非公開」にするとメルマガのバックナンバーは非公開となります。
送信する範囲は「メルマガカテゴリ登録」のメタボックスで選択できます。
「全員に送信する」にチェックを入れると登録しているカテゴリに関係なく、全会員にメルマガが送信されます。
メルマガを受け取る会員は管理画面のダッシュボードにある「メルマガ購読カテゴリ」のメタボックスの中で選択したカテゴリのみとなります。管理者には送信されたメールのコピーが届きます。

【ステップメールの使い方】

ステップメールは購読した会員に順番にメールが送信される自動送信メールです。
回数を決めた連続シリーズのメールを送信するために使います。

ステップメールを作るには管理画面の左サイドメニューの [ ステップメール作成 ] → [ 新規追加 ] を選択します。
ステップメールの内容は通常の投稿記事を作るのと一緒です。
ステップメールはメルマガと違いステップ(連番)を振ります。
ステップメールを有効化する場合は「送信準備」のメタボックスで「送信の準備ができたらチェックして下さい」にチェックを入れておきます。
さらにタイトル欄の下にある「パーマリンク」を「編集」ボタンを押して連番をつけます。
連番の付け方には法則性があります。

メルマガID(半角英数字) + -(ハイフン) + 連番(半角数字)

例えば「daily_message」というメルマガIDを決めたとします。一号目を作るには名前を以下のようにします。

daily_message-1

メルマガIDと連番は「ハイフン」記号で繋げます。
ニ号目は「daily_message-2」となります。「daily_message-01」とはならないので気を付けてください。

「パーマリンク」を編集できたら投稿を保存します。
公開ステータスは公開以外でも「送信の準備ができたらチェックして下さい」にチェックを入れることで送信されますのでご注意下さい。
公開ステータスを「非公開」にするとステップメールのバックナンバーは非公開となります。

次にステップメールのカテゴリを登録します。
ステップメールはメルマガとは違い、複数のシナリオ(カテゴリ)を作ることができます。
カテゴリを登録のは一回だけでいいです。

左サイドメニューから [ ステップメール作成 ] → [ ステップメールカテゴリ ] を選択し「名前」と「スラッグ」を入力し [ 新規ステップメールカテゴリを追加 ] ボタンを押して保存します。

「名前」にはステップメールの名前を付けます。日本語OKです。
「スラッグ」には「メルマガID」を半角英数字で付けます。

ステップメールカテゴリを登録しておくと、パーマリンクのメルマガIDと一致する投稿が連続したステップメールだと認識されます。ただし、連番が抜けている場合はそこで配信がストップします。
例えば「daily_message-1」はあるが「daily_message-2」がなく「daily_message-3」がある場合は三号目は配信されず、一号で配信がストップします。「daily_message-2」を用意すると二号目から配信が再開します。

ステップメールが配信されるタイミングは管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ スケジュール設定 ] を開き「ステップメール送信間隔」で設定できます。

ステップメールの登録は管理画面のダッシュボードにある「ステップメール購読カテゴリ」のメタボックスの中で選択したカテゴリのみとなります。
ステップメールの解除や配信号数の変更は [ ステップメール管理 ] から会員自身で行えます。

【定期メール送信】

全会員に定期的にメールを送信することができます。
送信するタイミングは年、月、日、曜日、時間を組み合わせて選ぶことができます。
メールはテキストファイルを用意してFTPソフトで特定のフォルダにアップロードします。
アップロードするフォルダは「ポイントメンバーズ」のプラグインフォルダの中の「mail_routine」となります。
因みにプラグインフォルダは「/wp-content/plugins/point-members」となっていると思います。

メールを送信するスケジュールはテキストファイルの名前で指定します。
例えば以下のようにします。

SET(1)_NAME(test)_YEAR(2014,2013)_MON(1,2,3)_DAY(28,29,30)_WEEK(Sun,Fri)_HOUR(07,23).txt

上記の場合は2013年~2014年の1月~3月の28日~30日の日曜日と金曜日の朝7時と夜11時に限り送信する、という設定です。
名前には法則性があることが分かります。
アンダーバーの記号でパラメータを繋いでいることが分かるかと思います。
パラメータは以下のようになっています。

名前 NAME(test)
年 YEAR(2014,2013)
月 MON(1,2,3)
日 DAY(28,29,30)
曜日 WEEK(Sun,Fri) Sun,Mon,Tue,Wed,Thu,Fri,Sat 先頭大文字
時 HOUR(7,23)
フラグ SET(0) 送信フラグ 1で送信する 0で送信しない

パラメータは省略することもできます。

例えば、毎月1日に定期的にメールを送信する場合は以下のようにします。

NAME(test)_DAY(1).txt

次にメールの内容についてです。
メールの内容は自由ですが、一行目だけがメールの件名となります。
一行目に [title] というプレースフォルダを付けて、続けて文字を書くとそれがメールの件名となります。
例えば一行目に以下のように入れておきます。

[title]【ミリオンハイスクール】定期送信メール ポイントの使い方

二行目以降はメールの本文となります。
ファイルを作ったら指定のフォルダにアップロードをして完了です。

定期メールの送信間隔ですが、例えば5分ごとに定期的に送信したい場合は管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ スケジュール設定 ] を開き「定期メール送信間隔」で「3分毎」を選択します。
初期設定では「1日毎」となっています。
ファイル名で設定した送信間隔が1日より短い場合は、「定期メール送信間隔」をそれ以下にする必要があります。

【定期ポイント付与機能】

新規登録した会員は通常であればポイントを持っていません。
ポイントを自動的に付与することができます。
付与するポイント数とポイントの上限を決めることが出来ます。

管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ ポイント設定 ] を開き「定期付与ポイント」と「定期付与ポイント時の上限」で設定できます。

ポイントを付与するタイミングは管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ スケジュール設定 ] を開き「定期ポイント付与間隔」で設定できます。

【各ポイントの増減設定】

ポイントはブロック記事を読む他にコメントをしてくれた会員や記事を投稿してくれた会員にポイントを進呈することができます。
ブロック記事を読むために必要なポイント数も設定できます。
管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ ポイント設定 ] より設定できます。

【ポイントの管理】

会員のポイントの管理は、管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ ポイント管理 ] より管理できます。
会員を検索したり、会員のポイントを個別に増減させることができます。

【会員管理】

ポイントメンバーズはワードプレスのユーザープロフィール機能を独自に拡張して管理しています。
会員の情報はワードプレスの標準の機能である「ユーザー」メニューから行うことができます。
オリジナルの趣味や職業といった項目を増やすことができます。

管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ 会員管理設定 ] より設定できます。

【会員の退会処理】

会員の退会処理は会員独自に行うことができます。
会員はダッシュボードにログインして管理画面の左サイドメニューの [ Point Members ] → [ 退会申請 ] より退会が可能です。退会するとその会員の情報は全て消去されます。

数量

関連記事