【WordPress】 WP Go2 Twitter 自動的にワードプレスの投稿をTwitterへ投稿 マルチアカウント対応

wp-pi_011

【WordPress】 WP Go2 Twitter ワードプレスの投稿をTwitterに投稿 過去の投稿やランダム投稿が可能 マルチアカウント対応  (wp-pi_011)

販売価格(税込)
¥29,800
在庫状態 : 在庫有り

【概要】

ワードプレスの投稿をTwitterに投稿します。過去の投稿やランダム投稿が可能です。マルチアカウント対応。

【動作環境】

PHP5.3系以上 WordPress3.x以上
動作確認サーバー エックスサーバー、さくらサーバー、ロリポップサーバー、wpxサーバー

【バージョン】

2015.12.18 v0.8.8 ダッシュボードにログをウィジェットとして表示する機能を追加
2015.11.27 v0.8.8 細かいバグを修正
2015.07.08 v0.8.7 長文を分割してツイートするロングツイート機能を追加
2015.07.07 v0.8.6 広告ツイートに画像をアップロードできる機能を追加
2015.06.05 v0.8.5 短縮URLをランダムに選択できる機能を追加
2015.04.21 v0.8.4 サムネイル画像の画像ツイートを実装
2015.03.22 v0.8.3 ランダム広告ツイート機能を実装
2015.03.20 v0.8.2 短縮URLに対応 Googleとbit.lyを実装
2015.03.03 v0.8.1 管理画面の機能強化
2015.02.07 v0.8.0 リリース

【初期設定】

「WP Go2 Twitter」をインストール後、管理画面の左サイドメニューの [ Wp Go2 Twitter ] → [ 設定 ] を選択します。
[ ツイッター設定 ] タブを選択し、まずは取得したTwitterのAPIキーを登録します。

キーは最大5つまで登録できます。複数持っている場合は複数登録することで、複数のアカウントへ投稿することができます。

最後に [ 変更を保存 ] ボタンを押して保存して下さい。
これで最低限の設定は終了です。

【ツイート設定】

初期設定では固定ページを除く通常の投稿タイプ(個別記事タイプ)に投稿が追加されると自動的にTwitterに投稿します。
基本的に一度投稿した記事はTwitterへは投稿されないようになっています。

投稿のフォーマットは[ ツイート設定 ] タブの「ツイートのテンプレート」で編集できます。
[title] [content] [url]のプレースフォルダを埋め込むことで、それぞれ「タイトル」「本文」「記事へのURL」へ自動的に置き換わります。Twitterの投稿制限140文字を超えたものについては自動的に省略されます。
例えば[URL]を使わずにいつも同じURLへ誘導したい場合は直接URLを入力します。

【過去ツイート設定】

過去ツイートは一度Twitterに投稿した記事を再度Twitterへランダムに投稿します。
[ 過去ツイート ] タブから投稿する過去の期間を指定することもできます。

【ツイートの間隔について】

[ 巡回設定 ] タブからはツイートと過去ツイートの投稿間隔(タイミング)を指定できます。

【サポートページ】

サポートページをご用意しています。

営業時間 返信は12時間位内を目処に行います。土日・祝祭日の返信はお休みとなります。 使用時トラブルの質問方法について 初回質問時には問題を特定しやすくするため以
数量

関連記事