この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


長岡式:マーケティング基礎入門 その1 よく聞くニーズとウォンツってなに?

  • ニーズは必要不可欠だが、ウォンツは絶対というわけではない。

素人でもよく耳にするフレーズに「ニーズ」と「ウォンツ」というものがあります。直訳するとニーズは必要性で、ウォンツは欲求を意味します。

必要性と欲求の違いが分かるでしょうか?

マーケティングでは、消費者が必要性を感じ、求めているものを「ニーズ」と呼び、そのニーズを満たす特定のものが欲しいという欲求を「ウォンツ」と呼びます。

例えば、ごはんが食べたいというのは、ニーズです。
ところが、ごはんの中でも特定のブランドである「コシヒカリ」を食べたいというのはウォンツにあたります。
ニーズとウォンツの関係がなんとなく分かったでしょうか?

関連記事

  • バカッター画像
  • 買う買わないはどうやって決められているか?
  • 長岡式:マーケティング基礎入門 その7 AIDMA(アイドマ)の法則を理解し応用するには?
  • いつどこでモノは買われているのか? 購買行動の謎
  • ライフスタイルは、 本来そのような表面上の行動や好みではなく、 その行動のもととなる考え方に焦点をあてています。
  • 自宅でお手軽に本格派釜飯が食べられるセット。
  • 日経トレンディはブームを紹介する雑誌。
  • ニーズは必要不可欠だが、ウォンツは絶対というわけではない。
  • マーケティングの定義は難しくなっている。