長岡式:078【行き止まりには秘密がある】

行き止まりには秘密がある。
秘密に気が付いて欲しいからこそ、
行き止まりなのだ。

行き止まりの唯一の効果は、引き返させることだ。
人間にとっての行き止まりとはなにか?
それは仮説の終わりを意味している。

自分がこうだ! と思って信じていたもの、法則性が役に立たないこと。
それが行き止まりなのである。世の中絶対というものはないということだ。
だから、人はなにかしらの仮説を立ててそれを検証するために日々を生きていると言える。

ところで、面白いのは「行き止まり」にはそれまでの道があることだ。
単なる「止まり」ではなく、行き止りなんだよね。
それまで道があったのに、ある時点から急に道がなく塞がっている状態。
それが行き止まりだ。

では、その止まりは蹴ったり叩いたりすれば壊れるのか?

ブレークスルーするのか?
多分、違う。壊れるかもしれないが、行き止まりは壊した分延長されただけで、依然として自分の前に立ちはだかるだろう。

行き止まりには秘密があるんだよね。
その秘密に気が付いて欲しいからこそ、行き止まりがある。
それはなにかというと、「引き返す」こと。
行き止まりは引き返せるという秘密がある。
それに気が付いた者はラッキーだ。

ブレークスルーとは壁を壊して突破するという意味ではなく、

引き返すことに壁なんかない、ということだ。
意味分かるかな?

これを理解しないと壁を壊すたびにパワーアップするかもしれないが、壁の方もさらなる障壁として立ちはだかることになる。

関連記事