この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


長岡式:1億円レポート その33 棚からぼた餅 現金に近い場所に常にいること!

  • 長岡式:1億円レポート 棚からぼた餅 現金に近い場所に常にいること!

儲けるには? 成功するには? どうすればいいかというと「現金に近い場所に常にいること」が近道だ。
棚からぼた餅という言葉があるが、棚から落ちてくるのを待つ、落ちたら拾いに行くという努力も間違ってはいないが、落ちてくる真下にいさえすればいい。特別な才能はいらない。

何が言いたいかというと、儲けている人や成功している人に共通することは、ゼロからの努力は何回もしないということ。ゼロからスタートしたとしても、最終的には努力しなくても済むポジションを目指す。
そのため、ゼロからスタートした人達に比べて、別のことに力を割り振ることができるので、より有利な立場になって行く。

残酷な話だが「環境」「努力」かで言ったら、「環境」の占める割合は大きい。
例えば、会社組織において社長がいて、その息子が常務だったとする。彼らが無能でも社員達がうまくやっていれば会社は成り立つし、平社員が必要以上に努力して努力が認められたとしても、役員になれるとは限らない。
ポジションには限界があるのだ。

そういった意味で言えば、親がお金持ちだ、親が高学歴だ、親の遺産があるというのは、人生ゲームにおいては大変な資産価値がある。
努力や才能も必要ではあるのだが、タイムラグには絶対勝てない。
どんなに早くて高性能な車も、既にゴールしている車には勝てないのと同じことだ。

関連記事

  • 長岡式:1億円レポート 棚からぼた餅 現金に近い場所に常にいること!
  • 長岡式:一億円レポート表紙
  • 長岡式:一億円レポート表紙