この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


長岡式:1億円レポート その32 儲かりそうでも好きでもない仕事には手を出すな!

  • 長岡式:一億円レポート表紙

なにか儲かる話がないものか? と探していると「美味しい話」というのはそこかしこに転がっている。
本屋で起業系の雑誌を立ち読みすれはやれるかどうかは別としていくらでも載っている。
成功するためにはそうしたチャンスを見逃さず、フットワークを軽くしておくことも大切だが、冷静さを欠き過ぎてもいけない。

派手な見出しと心くすぐる体験談に熱くなりすぎて盲目になってはいけない。
それが本当に美味しい話なのか、それとも隠されたリスクがあるのか、そうした総合的な分析が必要となる。

ところが、自分にはどう考えても「美味しい話」というのがある。リスクもなく今がチャンス! というビジネスが見つかることがある。
しかし、重要なことは「儲かる美味しい話」ではなく、むしろ「自分の使命に適っているかどうか?」が重要になる。

自分のしたいことややりたいことに少しでも接点があればいいのだが、まるで関係がないことには手を出さない方がいい。例えば、IT系に疎いのにIT系に手を出すとか、農業にまったく興味がないのに農業をするとか、服に全く興味がないのにアパレルをやるなどだ。

関連記事

  • 長岡式:1億円レポート 棚からぼた餅 現金に近い場所に常にいること!
  • 長岡式:一億円レポート表紙
  • 長岡式:一億円レポート表紙