この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


長岡式:1億円レポート その29 小さな成功体験がセレンディピティを呼ぶ!

300:29:1でお馴染みのと呼ばれるものがある。
アメリカのハインリッヒ博士という統計学者が発表した「労働災害分析」というデータが元になっている。
労働災害が起きる確率を示したもので、1件の重大事故の陰には、29件のかすり傷程度の事故があり、さらにその陰には事故ではないが、ヒヤッとした300の事例が存在する、という法則だ。

このハインリッヒの法則をそのままビジネスの成功率に当てはめてみると面白い。
1件の成功するビジネスモデルの陰には、29件のプチ成功ビジネスモデルがあり、その陰には儲かるまでは行かないがちょっとはうまくいったモデルが300件あると考えてみる。

関連記事

  • 長岡式:1億円レポート 棚からぼた餅 現金に近い場所に常にいること!
  • 長岡式:一億円レポート表紙
  • 長岡式:一億円レポート表紙