第二十五回目 フォルダの階層をツリー形式でテキスト化する方法

第二十五回目はフォルダの階層をツリー形式でテキスト化する方法について

今回はフォルダの階層をツリー形式でテキスト化できる「TreeEditor」を紹介します。 パソコンを長く使っているとフォルダとファイルが無数に増えてきます。
本人でさえどこになにがあるか分からなくなってきます。

そんなとき、フォルダの中身を階層別にツリー形式でテキスト化できたら便利だと思いませんか?
私は画像の管理や資料の整理にはフォルダごとに分けているので、それがテキスト化できると非常に便利です。

異なるフォルダごとにミスなく大量のファイル名を抽出する場合などは威力を発揮します。

「TreeEditor」は珍しくJAVAを使って開発されているためOSに依存せず使用できます。

調べたいフォルダを指定するだけで瞬時に階層をテキスト化してくれます。

また別の機能として、テキストで入力した文字から、罫線で整形されたツリー形式を自動作成してくれる機能があります。

まずは「TreeEditor」をダウンロードして解凍します。

▼TreeEditorをダウンロードする

解凍後に、実行ファイルは「TreeEditor.jar」をダブルクリックします。

TreeEditor.jar をダブルクリックすると起動する。

[ フォルダ階層表示 ] ボタンをクリックする。

[ フォルダ階層表示 ] ボタンをクリックすると、階層化したいフォルダを選択するダイアログが出ます。

ツリー化したいフォルダを選んで [ 開く ] ボタンをクリックする。

ここでフォルダを選択し [ 開く ] ボタンをクリックします。

フォントのフォルダをツリー化したところ。

すると瞬時にフォルダ階層がツリー状に右画面に表示されます。

特にコピーやカットというメニューがないので、右画面をクリックして、

[ CTRL ] + [ A ] で全てを選択するか、マウスでドラッグして選択します。

次に [ CTRL ] + [ C ] でコピーします。
それをテキストエディタなどで貼り付ければOK。
たったこれだけです。

次に自分でツリー形式のメニューを作りたい場合についてです。
ツリー状にしたいテキストがあるとします。
テキストは改行で1

「全角スペース」または「タブ」によって階層化できます。

例えば以下のようなテキストがあるとします。

テキストは改行で1メニュー。

「全角スペース」または「タブ」によって階層化できます。

これを [ テキストから変換 ] ボタンをクリックして変換すると、こうなります。

[ テキストから変換 ] ボタンをクリックして変換する。

アイデアの箇条書きやホームページのメニュー階層などに利用できそうですね。

フォルダフォルダフォルダフォルダ

【Yahoo! Imgae】

関連記事