第二十回目 Google日本語入力を導入してみる

第二十回目はGoogle日本語入力を導入してみるについて。

今回は難しいマクロスクリプトはお休みして、Googleがリリースした漢字入力ソフトである「Google日本語入力」の導入について説明します。
Google日本語入力は無料のソフトで、なんといってもその辞書の語彙力の豊富さが魅力。

例えば、Windows標準のMS-IMEや、ジャストシステムのATOKなどがあるが、これらは一度インストールしてしまうと、自分で辞書を更新しなければ最新のものにならない。
しかし、Google日本語入力はネットから辞書を常に持ってきているため、ほぼリアルタイムで流行っている単語までを網羅している、という最強のIMEなのだ。

しかも、凄いのはGoogle検索でたびたび見かける「もしかして?」という補正能力と、読み方は違うけれど関連した単語のサジェスチョン機能が凄い!
だから、辞書としては有り得ない単語だけではなくて、表現手法も候補として表示してくれるので、文章が苦手な人でも今後は、簡単にプロ並みの文章が書けるかもしれない。

あるいは、スクリプトやHTMLのコーディングもGoogle日本語入力で簡単にできる可能性が高い。いずれ実装されることだろう。

非常に未知数の将来性に満ちた日本語入力ソフト、それがGoogle日本語入力なのだ。
これが無料なのだから、ジャストシステムは一太郎だけでなく、ATOKまでを主力から奪われそうだね。ちなみにMac版もあるよ。
ではまずはGoogle日本語入力をダウンロードしよう。

▼Google日本語入力

思いどおりの日本語入力。Google 日本語入力は、変換の煩わしさを感じさせない思いどおりの日本語入力を提供します。

[ Google日本語入力をダウンロード ] をクリック

[ ] にチェックをして [ 同意してインストール ] をクリック

インストールと基本的な設定

Windows をご利用の場合、インストール後、初回起動時に、次のような画面が表示されます。ここで「OK」を選択すると、Google日本語入力が、自動的に既定の入力システムとして設定されます。

[ オプション] にチェックをして [ 同意してインストール ] をクリック

Macをご利用の場合、Google日本語入力をインストールする際、「Google 日本語入力の有効化」というタイトルで「インストール後、Google日本語入力を有効にしますか?」というメッセージが表示されます。ここで「有効にする」を選択してください。

[ オプション] にチェックをして [ 同意してインストール ] をクリック

手動で日本語入力システムを変更する方法

Windows XPの場合

コントロールパネルから[日付、時刻、地域と言語のオプション]を選択し、更に[地域と言語のオプション]を選択してください。

表示されたウインドウの[]タブを選択してください。

[テキストサービスと入力言語] の[詳細]をクリックしてください。

[テキストサービスと入力言語]の[既定の言語]から、デフォルトで使用したい IME を選択してください。

Windows VISTAの場合

コントロールパネルから[キーボードまたは入力方法の変更]を選択し、さらに[キーボードの変更]を選択してください。

表示されたウィンドウの[全般]タブを選択してください。

[既定の言語]からデフォルトで使用したいIMEを選択してください。

Windows7の場合

コントロールパネルから[キーボードまたは入力方法の変更]を選択し、さらに[キーボードの変更]を選択してください。

表示されたウィンドウの[全般]タブを選択してください。

[既定の言語]からデフォルトで使用したいIMEを選択してください。

Macの場合

Google 日本語入力をインストール後、「自分で有効にする」を選択した場合には、以下の手順で設定を行います。

[システム環境設定]から[言語環境]を開きます。

タブの[入力メニュー]にある[Google ]を選択してください。

手動で日本語入力システムを変更する方法

入力方式のアイコンから、[キーボードの表示/非表示]にチェックをつけます。

キーボードのアイコンから、Google 日本語入力を選択します。「全角/半角」キーで On/Off ができるようになります。

Windows XPの場合

Windows Vista, Windows7の場合

Macの場合

メニューバーから「Google日本語入力」を選択します。

関連記事