第十九回目 ウインドウズマクロ入門 その6

第十九回目はウインドウズマクロ入門 その6について。

今回はマウスカソールを使った簡単なゲームを作りながら学習します。

▼サンプルファイルダウンロード

/////////////////////////////////////////////////////////////////////
// マウスカーソルクリックゲーム ver1.0
/////////////////////////////////////////////////////////////////////

//←をつけるとその後はコメントアウトされます

//初期スコアは100点(100秒)
SCORE = 100

//クリックさせるx座標を乱数で作り変数CLICK_POINT_Xに格納する
//G_SCREEN_Wは画面の横幅を返す
CLICK_POINT_X = RANDOM( G_SCREEN_W )

//クリックさせるy座標を乱数で作り変数CLICK_POINT_Yに格納する
//G_SCREEN_Hは画面の縦幅を返す
CLICK_POINT_Y = RANDOM( G_SCREEN_H )

//ゲームの説明をする
msgbox( “目的の座標をクリックするゲームです。<#CR>1秒ごとに自動的にクリックするので、カーソルをうまく合わせて下さい。<#CR>スコアは1秒ごとに1点ずつ減っていき0になるとゲームオーバーです。” )

//クリックさせる座標を表示する
msgbox( “この座標をクリックして下さい。” )

//クリックさせる座標を表示する
msgbox( “X座標(横) : ” + CLICK_POINT_X + ” Y座標(縦) : ” + CLICK_POINT_Y )

//画面にプリントしておく
print “X座標(横) : ” + CLICK_POINT_X + ” Y座標(縦) : ” + CLICK_POINT_Y

//無限ループでクリックされるのを待機する
While 1

//マウスの左ボタンをクリックする
BTN( LEFT , 0 , G_MOUSE_X , G_MOUSE_Y , 0 )

print “X座標(横) : ” + CLICK_POINT_X + ” Y座標(縦) : ” + CLICK_POINT_Y + “をクリック”
print “現在の座標(X : ” + G_MOUSE_X + ” [ ” + CLICK_POINT_X + ” ]” + ” Y : ” + G_MOUSE_Y + ” [ ” + CLICK_POINT_Y + ” ] ” + ” )”
print SCORE + ” 点”

//マウスカーソルが目的の場所を指していればループを抜ける
ifb G_MOUSE_X = CLICK_POINT_X AND G_MOUSE_Y = CLICK_POINT_Y then

//ループを抜ける
BREAK

endif

//1秒ずつ座標をチェックする
Sleep( 1 )

//スコアを減らして行く
SCORE = SCORE – 1

//スコアがゼロになったらゲームオーバー
ifb SCORE < 0 then

//メッセージを表示する
msgbox( “” )
print “ゲームオーバー”
//スクリプト終了
ExitExit

endif

Wend

//メッセージを表示する
msgbox( “あなたのスコアは” + SCORE + ” 点でした” )
print “あなたのスコアは” + SCORE + ” 点でした”

print “処理終了”


ポイントは無限ループの処理と、マウスカーソルの位置の取得と判定処理です。
単純なゲームですがやるとハマります!(笑)
次回は、マウスカーソルのスクリプトをもっと発展させていきます。
今回はここまで!

【Yahoo! Imgae】

ウインドウズマクロウインドウズマクロウインドウズマクロウインドウズマクロ

【Yahoo! Imgae】

関連記事