第十五回目 ウインドウズマクロ入門 その2

第十五回目はウインドウズマクロ入門 その2について。

前回は操作を記録して実行する、という簡単な作業でした。
今回は、少し難易度を上げて、自動的に検索エンジンにアクセスして、検索をする、という作業です。

しかし、その前にInternet Explorerのセキュリティ保護を解除しておく必要があります。 この解除をしないとうまく動作しません。
方法は以下の通りです。

[ ツール ] → [ インターネットオプション ] をクリック。

[ ] タブをクリック
[ 保護モードを有効にする ] のチェックを外す

[ OK ] ボタンをクリックする

Internet Explorerのセキュリティ保護を解除

「自動的に検索エンジンにアクセスして、検索をする」という処理は、マクロスクリプトを記述することで行います。サンプルコードに説明をつけてあるので分かりやすいと思います。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////
// Google自動検索 ver1.0
/////////////////////////////////////////////////////////////////////

//←をつけるとその後はコメントアウトされます

//IEを呼び出す(※固定文なので気にしないで下さい)
IE = CreateOLEObj(“InternetExplorer.Application”)

//URLをセットする
IE.Navigate(“http://www.google.co.jp/”)

//表示する
IE.Visible = True

//接続表示待ち処理(※固定文なので気にしないで下さい)
while True
if ( ! IE.busy ) and ( IE.readyState = 4 ) then Break
sleep( 0.1 )
wend

//Googleが表示される
//ボタンやテキストボックスの操作開始

// ラジオボタン選択:日本語のページを検索
IESetData( IE, True , “lr” , “lang_ja” )

// 文字設定:
IESetData( IE , “検索単語” , “q” )

//検索ボタンをクリック
IESetData( IE , True , “btnG” , “Google 検索” )

//Googleの検索結果待ち

//接続表示待ち処理(※固定文なので気にしないで下さい)
while True
if ( ! IE.busy ) and ( IE.readyState = 4 ) then Break
sleep( 0.1 )
wend

print “処理終了”

▼サンプルファイルダウンロード

では、問題です。
現在このサンプルコードは「検索単語」というキーワードが指定されていますが、これを好きな単語に変えてみてください。

今回はここまで!

関連記事