イイネ!がイイネをダメにする?

Facebookの買収をあきらめたGoogleがついに独自のイイネ!とも言えるべき「+1(プラス)」サービスを開始した。

Google +1はボタンをサイトにもつけられる

「イイネ!」というのはなにがそんなに凄かったのか?

FacebookがなぜGoogleには脅威になると思われたのか?

それはロボット型検索エンジンへのアンチテーゼだったからだ。

簡単に説明すると、ロボット型検索エンジンは「心が無い」。

だから検索ノイズが常に発生していた。SEO業者と検索エンジンのアルゴリズム変更のいたちごっこが続いていた。

心が無いというのは主観性がないということで、検索結果を提供するけれど、それをクリックするか、あるいは検索キーワードを工夫して検索し直すかはユーザーに委ねられていた。

それがロボット検索エンジンの強味でもあり、独占禁止法をすりぬけられるロジックにもなっていた。

Facebookはソーシャルネットワークだけれど、その特徴は実名性だということ。

オープン性でいえば他のどのSNSよりも高い。

つまり、情報が既に属性分けされた世界であり、そこから発信される情報というのはタグが付いているため、ノイズは非常に少ない。

一貫性のある情報ネットワークが構築されているんだよね。

そんな検索エンジンとは真逆の有機的なネットワークでの「イイネ!」という投票は、検索結果で上位にランクインする以上に価値がある。

なぜなら、それは有機的に人が主観で認めた情報だからだ。

つまり、ちゃんとしたフィルターを通された信頼できる情報だということが言える。

ロボット型検索エンジンでは主観的なフィルターを使うことはできなかった。

例えば、株価情報を検索してたとしよう。

「株価情報 儲かる」というキーワードで検索し、検索結果が表示されたとする。

その株価情報にみんなが「イイネ!」を付けると株価操作として見られる。

これがどれだけ危険かは想像に難くない。

Facebookはロボット型検索エンジンが苦手としていた真逆の方法で成功したサービス、いわば人型交流エンジンなんだよね。

ところが、Googleの「+1(プラス)」のサービスは検索結果に「イイネ!」ボタンを付けられるという。

どういうカラクリでこれが可能になったのかは知らないが、とにかくGoogleがFacebook化する可能性は高い。

つまり、客観的な検索結果に主観的な要素が加わるということ。

メリットは、ロボット型が苦手としていた検索ノイズの除去ができること。

アルゴリズムを変動させる前に、Wikipediaのようにユーザーが検索結果をクリーニングしてくれるわけだ。

Google側もイイネ!のスコアを集計することで、検索アルゴリズムとユーザーの満足度の乖離を最小限に抑えることができるかもしれない。

ただし、一方で大きな問題もある。

それは、信頼の担保はどこにあるのか? ということ。

最近問題になっているのは、食べログなどの評価が平均に近付いていることだ。

楽天トラベルやアマゾン、Yahoo!映画といったサイトも積極的に評価機能を採用しているけれど、それが平均点に近付きつつあるらしい。

どういうことかというと、例えば5点満点だとする。

一人が0点を付けて、一人が5点を付けるとどうなるか?

平均を採ると2.5点になってしまう。

これは、2点と3点を付けても平均点は2.5点になるけれど、意味がまったく異なる。

前者は最低で最高という極端な評価であり、後者はやや悪いか、やや良いという平均的な評価になる。

しかし、スコア的に見ると同じ値になる。名目値と実質値がまったく異なる。

サービスを利用するユーザーというのは個人であって、平均的な体験を求めているわけではないよね。

塩を入れ過ぎたからといって砂糖を入れればいい、というものではない。

ムラがあるサービスは困るだろう。

もうお分かりのように、評価機能は平均点に近付き過ぎて、どれを見てもほぼ同じになってしまっている。

たとえそれが3.5点で平均よりやや良かったとしても、他に比較するものも近似していればやはり比較するのは難しい。

このような場合、ユーザーは悪い評価を重要視するようになり、悪い評価報告が増えることになる。

もともと悪くは無く、比較するために強いて悪いことを書いているのなら些細なことだよね。

しかし、その悪い評価を改善点として採用すると、間違った方向に進むことになる。

なぜなら、それは些細な問題だからだ。

他に改善すべきことがあるはずなのに、このような仕組みの中では些細な問題が浮上し、統計上のノイズとなってしまい舵取りを誤らせてしまう可能性がある。

また、評価が売上に多大に貢献することから、関係者らの組織票と、ライバルの妨害工作はあとを絶たないといわれている。

ある意味、評価機能や「イイネ!」といった投票は初期の頃のピュアな魅力が色褪せ、役に立たなくなってしまっている。

次善の策として評価に対して「信頼できるボタン」というものがアマゾンにはあるけれど、これも役に立つのは初期だけだ。

「信頼できるボタン」に対して「信頼できるを信頼できるボタン」が必要になってくるのは明白だからだ。

他にも「イイネ!」はいわゆる情報通貨として扱われていて、「イイネ!」をしてくれると自分のページにアクセスが集まるから、集客はいかに「イイネ!」を乱発するかに掛かっている。

「イイネ!」の乱発は必然的にインフレを引き起こすことになる。

結局、それが「イイ!」として、その信頼を担保するなにかがなければ、SEOのように情報操作が行われることになる。

例えば、自分が最も信頼するAさんが勧めたから利用したけれど、思ったよりも良くなかったとしたら、そのAさんに責任を負わせることができるか? ということでもある。

責任や罰を負ってまでわざわざリスクの高いことをする奴はいないよね。

いたとしたら、そのサービスを利用してもらいたい関係者ぐらいだろう。

つまり、「これは誰かの心地良いは私の心地良いに成り得るか?」という問題なんだよね。

究極的には「おまえはわたしか?」というアイデンティティー問題となる。

答えは「ノー!」だろうから、端っから結論は見えている。

仮に同じだとしたら、同じなのだからそもそも意見を頼る必要が無いのだ。

ではどうすればいいのかというと、昔ながらのアイデアを採用すればいい。

それはなにかというと「時間」である。

時間によって淘汰されて残ったものは「良いもの」である。

さらに、時間の淘汰圧によって生き残り、当時よりも価値が出たものは「さらに良いもの」である。

高級品というのは手に入れた時よりも、売った方が高くなる。

同様に時間がその価値を熟成したものは本物なのだ。

この仕組みを採用すると、そのサービスなり、コンテンツがいかに検索されなくなったかと、いかにネット上に出現しなくなったのかの忘却曲線を評価基準に取り込めばいいと思う。

忘れられている度合いを調べれば、その鮮度を確かめることができる。

関連記事